和紙造形作家 にしむらあきこ さん

遅ればせながら、伝統的な和紙の技法を用いながら、絵本やオブジェの制作をする、にしむらあきこさんの作品も入荷しています。

工芸と詩の融合した、魅力的で唯一無二の活動をする作家さんです。一部、ご紹介出来ればと思います。

『ねこの国』

表紙には猫の形に梳かれた和紙。

するり後頭部

ひらひらお耳

べつに?

いいたげな

冷めた瞳

など、猫好きにはあるある。でありながらただの可愛がりだけではなくて、深い慈愛や喜び、命の美しさを語る言葉とイメージを、和紙の形と色で表現しています。

『糸片』

和紙造形制作の下絵を活版で印刷。

子どもから年老いるまでの女性の一生を辿ります。

プール帰りの夏の道

耳がぷかぷかして

肌に触れる空気がにせものみたいで

からだがゆらゆらゆれて

紺色の水着がなまぬるくて重くて

全てが遠くて

泣きながら帰る

「プール」より

厚手の紙で出来ているので、飾ることや、ギフトカードで送ることも出来ます。

『きこえる?』

こちらは、詩の収められた一冊。

きこえる?という入口から、命の不思議、奥行きに触れるようなイメージに、和紙で作られた形が踊ります。

奥行きのある言葉に和紙でしか出せないテクスチャが、深みを与えてくれる一冊です。

『オノマトペのうた』

『きこえる?』と同じ体裁でありながら、こちらは絵本のような内容です。

ぽっかり

うかぶ空の上

チチチチ チチチ

鳥の声

など、リズムや遊び心に満ちた作品で、テクスチャや色、形そのものを音楽のように楽しむ事ができます!

お子さま向けの絵本にも、BGMのように、身近に置いておきたい一冊です。

その他、『かみさま』、『耳』、『たどる』、『げっぷのうた/ねんねの森』

も、詩と工芸、リズムが一体となった本です。

『耳』

男の耳にはたんまり と砂がつまっていた

歩くたびにさはさらと耳から砂をまく。

時には私のほほをかすめるときもある。

など、不思議なお話も。

本の丁寧な作り、質感や色味は、是非、直接ご覧戴きたいです!

出張

雪ですねー!このまま根雪でしょうか…!

Galleria kukkaさんの展覧会では、ありがとうございました。(写真参照)

ワークショップも大盛況でした。

立て続けで恐縮ですが、今日から吉田が出張の為、23〜25日、30〜2日もお休みになります。

ほぼオープンアトリエという感じですが、物販、書籍など、そろそろ準備が整いそうです!

ブログで、熱烈に紹介していきます!
(紹介したくてしょうがない)

楽しみです!

営業日はこちら

とりあえず


もう少し修正したら、作業だけならできそうです!

屋根(?)部分、思ったよりぴったりいったなー


台より、箒の作業用の杭づくりに、時間がかかった…!笑

椅子で作る作業台は、結構珍しいかもですね〜

あ、照明、つけなきゃ

資材搬入

がたんごとん、ブログ、始めました。

吉田慎司の、ほうきのアトリエショップ兼、茜さんが店長のお店を作ります。

・搬入
子どもらの妨害をかいくぐったり、負けたりしながら、少量ですが資材を搬入しました。

これらで制作設備と、カウンターを作っていきます。

借りたお部屋は、床が木の板、壁はホワイトキューブみたいに良好で、ほとんど手直しなどいらないくらい。ここにお店を始められる事から始まり、すでに何から何までありがたい限りです。

・OSB!
素材、何にしようかなぁとしばしば思っていたけれど、結局OSB材にしました。(Oriented strand board、木のチップを、固めたやつです。)

別に、わざわざ言うほどのもんでもないし、むしろ廉価な部類で、元来の使い方は構造用パネル。で、見ようによってはかっこいいので、DIYなどで、みんなよく使っている素材です。

最初は、杉かなぁ、とか、プレミアムな木材とかを想定してしまうんですが、自身のリアリティを重視しました。
背伸びせず、安価で、身近な素材。
田舎のおじいちゃんとか、どうでもいい廃材とか、ビニールとかの寄せ集めで、生活用具作ったりしますよね。すごく、クールだと思ってます。
ものづくりって、そういう所から始まったんじゃないだろうか。

裏の家が解体された時に出て来た棚や、椅子(結構いいもの)も持ち込みました。

お店は、非現実で、ハレの場で、特別な場所…というよりは、日常や些事から幸せを引き出せる様な、スタンスでいたい。

※余談
北米産が多いかと思ってたら、ドイツ産とある…!なんだか、勝手に信頼感を覚える 笑

(慎司)