書籍紹介ー伊波真人さん「ナイトフライト」

第59回、角川短歌賞を受賞されている、伊波真人さんの歌集。

かっこいい!歌集です。

夜の底映したような静けさをたたえて冬のプールは眠る

三脚は新種のけもの芝のうえ三つのあしを下ろしゆくとき

・・・タイトル含め、星や夜、ロマンチックなワードが多いですが、夢想や幻想よりに飛躍するよりは、伊波さんのフィルターを通した解釈、という印象を受けました。

柔さよりは、夜や世界の美しさ、強い肯定。俺がナイトフライトに連れて行ってやるぜ!ってくらいな、潔さ。

月までは行けないことは知っているそれでも強く自転車を漕ぐ

日食は白いリングでしめされて果たせなかった約束がある

シャッターを押すの見たことないけれど君のニコンは首飾りかい

・・・ややニヒルなくらいなのに、厭世感はあまりなくて。ナイトフライトの通り、スリルもドラマ。くらいの男らしさも感じました。

雲のない都心の空が映される暗いニュースとニュースのあいだに

東名はどこか寂しい響きだね 別れに向かい僕らは走る

電線は白紙の譜面(スコア) 郊外の町はいつも通り静かだ

星々の消えゆく朝にクレーンは少しかたむく虚空を指して

…ネットなどの情報ではシティポップがお好きで、映画、写真もやられていた様で…印象的で、フォトジェニックな光景が浮かびます。こう、魂の擦り切れる様なヒリヒリ感を吐き出すスタイルよりは、写真の様に美しい光景を切り取って詠んでいる様に感じます。それで力強くて、肯定的な世界観が生まれるのかな。などとも思いました。

発行日が12月24日というのも出来すぎです!レッツ、ナイトフライト!

ほんと、かっこよくてさらわれるかと思いました。

皆さま、お手にとってご覧ください!

出張

雪ですねー!このまま根雪でしょうか…!

Galleria kukkaさんの展覧会では、ありがとうございました。(写真参照)

ワークショップも大盛況でした。

立て続けで恐縮ですが、今日から吉田が出張の為、23〜25日、30〜2日もお休みになります。

ほぼオープンアトリエという感じですが、物販、書籍など、そろそろ準備が整いそうです!

ブログで、熱烈に紹介していきます!
(紹介したくてしょうがない)

楽しみです!

営業日はこちら

とりあえず


もう少し修正したら、作業だけならできそうです!

屋根(?)部分、思ったよりぴったりいったなー


台より、箒の作業用の杭づくりに、時間がかかった…!笑

椅子で作る作業台は、結構珍しいかもですね〜

あ、照明、つけなきゃ

資材搬入

がたんごとん、ブログ、始めました。

吉田慎司の、ほうきのアトリエショップ兼、茜さんが店長のお店を作ります。

・搬入
子どもらの妨害をかいくぐったり、負けたりしながら、少量ですが資材を搬入しました。

これらで制作設備と、カウンターを作っていきます。

借りたお部屋は、床が木の板、壁はホワイトキューブみたいに良好で、ほとんど手直しなどいらないくらい。ここにお店を始められる事から始まり、すでに何から何までありがたい限りです。

・OSB!
素材、何にしようかなぁとしばしば思っていたけれど、結局OSB材にしました。(Oriented strand board、木のチップを、固めたやつです。)

別に、わざわざ言うほどのもんでもないし、むしろ廉価な部類で、元来の使い方は構造用パネル。で、見ようによってはかっこいいので、DIYなどで、みんなよく使っている素材です。

最初は、杉かなぁ、とか、プレミアムな木材とかを想定してしまうんですが、自身のリアリティを重視しました。
背伸びせず、安価で、身近な素材。
田舎のおじいちゃんとか、どうでもいい廃材とか、ビニールとかの寄せ集めで、生活用具作ったりしますよね。すごく、クールだと思ってます。
ものづくりって、そういう所から始まったんじゃないだろうか。

裏の家が解体された時に出て来た棚や、椅子(結構いいもの)も持ち込みました。

お店は、非現実で、ハレの場で、特別な場所…というよりは、日常や些事から幸せを引き出せる様な、スタンスでいたい。

※余談
北米産が多いかと思ってたら、ドイツ産とある…!なんだか、勝手に信頼感を覚える 笑

(慎司)