にしむらあきこ展「紙の韻律」

いよいよ、待っていた展示会が始まりました。にしむらあきこさんの展示会です。

和紙や、紙漉で作れられた造形、作品が並びます。紙箱、手帳、ブローチ、モビール…「恋の爪先」「雨の日のおたのしみ」「つもるひと」など、作品のタイトルが詩的なのも特徴的です。

かわいらしい造形、色彩、和紙ならではの奥行のあるテクスチャと深みが魅力です。

全体を見てみると、

『きこえる?』

『げっぷのうた』

『オノマトペのうた』

『ねこの国』

『夜の耳』

など、音に関わる作品が多い事に気がつきます。

「婦人の友」(2019年7月号)の対談で、息子の知青(ともはる)くんについても語られていますが、言葉を持たない彼が自分のやり方で世界を捉え、耳を澄まし、自分のやり方で表現するように。あきこさんも、いわゆる日本語以外の言葉(オノマトペや空気、時には景色やねこの声まで)を汲み取って、繊維一つ一つを組み合わせて、一枚の紙に漉いているのだと思います。

それらは、ときに悲しみや不安見えるものもありますが、全体は、とても大きな愛で包まれています。

「”うたうように”生きたい」(同誌)というあきこさん。その作品は、時に空想の世界や、ファンタジックな印象も与えるほど愛らしいものです。しかし、ともくんや、あきこさんが自らの方法ですくい取った世界と歌は実際に絵本の様に純粋で、音に溢れていて、跳ねるような光景が広がっているのだと思います。不安や困難がたくさんあっても、一枚の紙に漉く。答えを出す時には暖かで、リズムに溢れた、柔らかい世界であって欲しい。という意志や願いを強く感じる事ができます。

職人ではなくて、和紙造形作家のにしむらさん。見えている世界をありありと映す為の仕事なのだと、改めて実感しました。

表現の為の道具として技術を使うのではなく、より生々しく、心に寄り添ったところに仕事がある立ち姿は、作り手としても大変勉強になりました。

どこまでもテクスチャや奥行のあるにしむらさんの和紙ですが、そう思うと一つ一つの揺らぎや違いを凄く愛おしく思えてきます。

まさに和紙のように、細やかな思いが集められ、ぎゅっと凝縮した作品。直接、ご覧いただければ嬉しく思います。

和紙造形作家 にしむらあきこ さん

遅ればせながら、伝統的な和紙の技法を用いながら、絵本やオブジェの制作をする、にしむらあきこさんの作品も入荷しています。

工芸と詩の融合した、魅力的で唯一無二の活動をする作家さんです。一部、ご紹介出来ればと思います。

『ねこの国』

表紙には猫の形に梳かれた和紙。

するり後頭部

ひらひらお耳

べつに?

いいたげな

冷めた瞳

など、猫好きにはあるある。でありながらただの可愛がりだけではなくて、深い慈愛や喜び、命の美しさを語る言葉とイメージを、和紙の形と色で表現しています。

『糸片』

和紙造形制作の下絵を活版で印刷。

子どもから年老いるまでの女性の一生を辿ります。

プール帰りの夏の道

耳がぷかぷかして

肌に触れる空気がにせものみたいで

からだがゆらゆらゆれて

紺色の水着がなまぬるくて重くて

全てが遠くて

泣きながら帰る

「プール」より

厚手の紙で出来ているので、飾ることや、ギフトカードで送ることも出来ます。

『きこえる?』

こちらは、詩の収められた一冊。

きこえる?という入口から、命の不思議、奥行きに触れるようなイメージに、和紙で作られた形が踊ります。

奥行きのある言葉に和紙でしか出せないテクスチャが、深みを与えてくれる一冊です。

『オノマトペのうた』

『きこえる?』と同じ体裁でありながら、こちらは絵本のような内容です。

ぽっかり

うかぶ空の上

チチチチ チチチ

鳥の声

など、リズムや遊び心に満ちた作品で、テクスチャや色、形そのものを音楽のように楽しむ事ができます!

お子さま向けの絵本にも、BGMのように、身近に置いておきたい一冊です。

その他、『かみさま』、『耳』、『たどる』、『げっぷのうた/ねんねの森』

も、詩と工芸、リズムが一体となった本です。

『耳』

男の耳にはたんまり と砂がつまっていた

歩くたびにさはさらと耳から砂をまく。

時には私のほほをかすめるときもある。

など、不思議なお話も。

本の丁寧な作り、質感や色味は、是非、直接ご覧戴きたいです!

出張

雪ですねー!このまま根雪でしょうか…!

Galleria kukkaさんの展覧会では、ありがとうございました。(写真参照)

ワークショップも大盛況でした。

立て続けで恐縮ですが、今日から吉田が出張の為、23〜25日、30〜2日もお休みになります。

ほぼオープンアトリエという感じですが、物販、書籍など、そろそろ準備が整いそうです!

ブログで、熱烈に紹介していきます!
(紹介したくてしょうがない)

楽しみです!

営業日はこちら

とりあえず


もう少し修正したら、作業だけならできそうです!

屋根(?)部分、思ったよりぴったりいったなー


台より、箒の作業用の杭づくりに、時間がかかった…!笑

椅子で作る作業台は、結構珍しいかもですね〜

あ、照明、つけなきゃ