書籍紹介―雪舟えまさん「はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで」

「はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで」朗読&サイン会
日時:4月26日(木)19時~20時
場所:がたんごとん
http://gatan-goton-shop.com/
札幌市中央区南1条西15丁目1−319 605号
参加費:無料

も控えております。一足先に、歌集についてご紹介させてください!

―恋は盲目、と言いますが、雪舟さんの世界は恋と魔法と空想、その先の世界へどんどん旅立っていく感覚がありました。閉ざされた世界にわき目もふらず進んでいく様なドライブ感と、直進性ゆえの恐さのようなものもちょっぴり感じました。

フライ追うように走って しあわせだ、しあわせだって退路を断って
水盤に満月ひとつ持ってもう動けなかった幸せでした
立てないくらい小さな星にいるみたい抱きしめるのは倒れるときだ

―本当に夢中になる、という事は、帰り道がなくなるという事なのかも知れません。命がけ!で生きています。

酔いました 何度も何度もきみを産み何度もきみにお嫁にゆくと
俺の心はきれいじゃないなんて上等だ わたしは空に目くばせをした

―また、現実以外の世界とも繋がっている方です。巫女的、というよりは、物語や魔法に近い。恋のために何度も転生する。雲の上に、どんな友人がいるんでしょう・・・。上等だ、と、わざと悪ぶった言い方が、逆に親しさを強調します。

タッパーの跡がうまそうとご飯を君よろこべばほんとうに夜
わたしには代われないおつかい抱いて夕立のなか蛾は歩きおり

―でも、すごく現実的な描写も多くて・・・魔法的な歌と相互に強め合う感じも受けました。
夜のご飯はタッパーですよねー!雪舟さんの本当の夜とは、「君」がいて、ともに過ごし、ささいな事を楽しんでいける日々のことなのだと思います。得難い喜び・・・
蛾は蛾で、それぞれの命と使命があって、必死に生きている。雨の蛾、というのは渋くて、近代短歌にもありそうなモチーフですが、使命や命、じゃなくておつかい、という当たりがすごく雪舟さんらしいカジュアルさや視点を表しているなぁ・・・と思いました。

野のような家の姉妹は眠るとき赤い小さなとぐろを巻いた

―カフカをほうふつとさせますね・・・ちょっと薄暗さや異界のような怪しさもありながら、丸まって眠る人のビジュアルもリアルに想像しました。

夏布団わたしのパンツがみえたならそれはおみくじ、いつも大吉
僕たちは大当たりだ何があっても音もなくすぎてゆく夜にも
ああっご飯 二人になると落雷のように食事はおもいだされる

―二人だけの、すごく狭い世界。その中がすごく濃くて、満たされていて、大吉、大当たり、など、大ぶりな全肯定(笑) 無菌空間のようにプレーンな幸せを詠っています。

目ざめたら息が乱れていた私自由になるのかもしれなくて
ふたたびの思春期これはススン期だ息するだけで僕はかがやく
自転車の重さも軽さも楽しくて半月のような町をゆくのさ

―暗さはないものの、解放されて新たなところへ旅立つ志向も多くあります。どこへ?というと、やはり雪舟さん的な新しい地平を感じられて、すごく魅力的な世界像を想像します。ススン期の世界・・・行ってみたい・・・
半月のように、普段は見えない領域が大きくあって、ふわっ、と向こう側に行ってしまうような感じがあります。

・・・歌集に、ネタバレ、というものがあるか分かりませんが、4章、「そして、はーはー姫は彼女の王子たちに出逢う」以降は、個人的には、そっちかー!!!というくらいの大転換だったので、詳細は控えようと思うのですが・・・刺さったものだけ引いておきます!

溶き卵のようにひろがる夕やけにたったひとりの眼鏡に会いに
股ぐらへミートボールの軌跡きらきら光るのを声も出ず 春

―現実、恋、魔法、空想から、はーはー姫が王子たちに出逢うまで・・・ゆらぎながら、旅立っていく流れが、一本の映画を見るように楽しめました。

こんなに書いても全然書ききれない、魅力的な歌集です!
星四朗さんのあとがきも、情熱ほとばしっています。
ぜひぜひ、お手に取ってご覧くださいませ!

「はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで」朗読&サイン会


がたんごとん
記念すべき初のイベントは
歌人・雪舟えまさんの朗読&サイン会です。

「はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで」

雪舟さんの7年ぶりの歌集ということで、待ち望んでいたファンの方も多いのではないでしょうか?

すでにご反響いただいており、
一時的に切らしてしまいましたが、ドーンと入荷いたしますので、ご来店お待ちしております!
(イベント時にもご購入いただけます。)

日時:4月26日(木)19時~20時
場所:がたんごとん
http://gatan-goton-shop.com/
札幌市中央区南1条西15丁目1−319 605号
参加費:無料

※当日参加も可能ですが、会場準備のため、参加申し込みフォームも設置致しました。

書籍紹介ー伊波真人さん「ナイトフライト」

第59回、角川短歌賞を受賞されている、伊波真人さんの歌集。

かっこいい!歌集です。

夜の底映したような静けさをたたえて冬のプールは眠る

三脚は新種のけもの芝のうえ三つのあしを下ろしゆくとき

・・・タイトル含め、星や夜、ロマンチックなワードが多いですが、夢想や幻想よりに飛躍するよりは、伊波さんのフィルターを通した解釈、という印象を受けました。

柔さよりは、夜や世界の美しさ、強い肯定。俺がナイトフライトに連れて行ってやるぜ!ってくらいな、潔さ。

月までは行けないことは知っているそれでも強く自転車を漕ぐ

日食は白いリングでしめされて果たせなかった約束がある

シャッターを押すの見たことないけれど君のニコンは首飾りかい

・・・ややニヒルなくらいなのに、厭世感はあまりなくて。ナイトフライトの通り、スリルもドラマ。くらいの男らしさも感じました。

雲のない都心の空が映される暗いニュースとニュースのあいだに

東名はどこか寂しい響きだね 別れに向かい僕らは走る

電線は白紙の譜面(スコア) 郊外の町はいつも通り静かだ

星々の消えゆく朝にクレーンは少しかたむく虚空を指して

…ネットなどの情報ではシティポップがお好きで、映画、写真もやられていた様で…印象的で、フォトジェニックな光景が浮かびます。こう、魂の擦り切れる様なヒリヒリ感を吐き出すスタイルよりは、写真の様に美しい光景を切り取って詠んでいる様に感じます。それで力強くて、肯定的な世界観が生まれるのかな。などとも思いました。

発行日が12月24日というのも出来すぎです!レッツ、ナイトフライト!

ほんと、かっこよくてさらわれるかと思いました。

皆さま、お手にとってご覧ください!

出張

雪ですねー!このまま根雪でしょうか…!

Galleria kukkaさんの展覧会では、ありがとうございました。(写真参照)

ワークショップも大盛況でした。

立て続けで恐縮ですが、今日から吉田が出張の為、23〜25日、30〜2日もお休みになります。

ほぼオープンアトリエという感じですが、物販、書籍など、そろそろ準備が整いそうです!

ブログで、熱烈に紹介していきます!
(紹介したくてしょうがない)

楽しみです!

営業日はこちら

とりあえず


もう少し修正したら、作業だけならできそうです!

屋根(?)部分、思ったよりぴったりいったなー


台より、箒の作業用の杭づくりに、時間がかかった…!笑

椅子で作る作業台は、結構珍しいかもですね〜

あ、照明、つけなきゃ

資材搬入

がたんごとん、ブログ、始めました。

吉田慎司の、ほうきのアトリエショップ兼、茜さんが店長のお店を作ります。

・搬入
子どもらの妨害をかいくぐったり、負けたりしながら、少量ですが資材を搬入しました。

これらで制作設備と、カウンターを作っていきます。

借りたお部屋は、床が木の板、壁はホワイトキューブみたいに良好で、ほとんど手直しなどいらないくらい。ここにお店を始められる事から始まり、すでに何から何までありがたい限りです。

・OSB!
素材、何にしようかなぁとしばしば思っていたけれど、結局OSB材にしました。(Oriented strand board、木のチップを、固めたやつです。)

別に、わざわざ言うほどのもんでもないし、むしろ廉価な部類で、元来の使い方は構造用パネル。で、見ようによってはかっこいいので、DIYなどで、みんなよく使っている素材です。

最初は、杉かなぁ、とか、プレミアムな木材とかを想定してしまうんですが、自身のリアリティを重視しました。
背伸びせず、安価で、身近な素材。
田舎のおじいちゃんとか、どうでもいい廃材とか、ビニールとかの寄せ集めで、生活用具作ったりしますよね。すごく、クールだと思ってます。
ものづくりって、そういう所から始まったんじゃないだろうか。

裏の家が解体された時に出て来た棚や、椅子(結構いいもの)も持ち込みました。

お店は、非現実で、ハレの場で、特別な場所…というよりは、日常や些事から幸せを引き出せる様な、スタンスでいたい。

※余談
北米産が多いかと思ってたら、ドイツ産とある…!なんだか、勝手に信頼感を覚える 笑

(慎司)