生きるための道具とスケッチ「イマイカツミ」展 イマイカツミさんについて



夢を目指して一念発起。そして富良野へ

イマイカツミさんは、富良野在住、半農半画家の人です。富良野の大自然に囲まれて、土と共に育ち…と想像してしまいますが、生まれは大阪、横浜育ち、成人してから富良野に移住した方です。
絵画は独学。サッカー、ラグビーなど、運動部だったイマイさんですが、大学で美術部に入り、絵に魅了されていきます。
大学卒業後、角川書店に入社するも1年で退社。思い切って富良野へ農作業ヘルパーとしてやってきて、その後放浪しながら絵を描く旅に出るなど、模索を繰り返しました。


イマイさんの著書『廃材もらって小屋でもつくるか』(寿郎社)の実際の小屋

土に触れながらの生活。その行き先

その後、富良野へ移住。半農半画家の暮らしが始まります。
ゴーギャンを敬愛するイマイさん。フランスから楽園を求めてタヒチを何度も訪れるゴーギャンのように憧れだけでなく、含蓄や深みのある作風や生き方をそのまま体現しているようにも見えます。

生きるための道具とスケッチ
「イマイカツミ展」は、5/17から!

サン・テグジュペリの言葉「自分を完成させるように努めること」を目指して、日々絵に、土に、向かい合うイマイカツミさん。是非是非、実物を直接ご覧ください。

◆イベント情報!◆
【6/1 10時~ space1-15朝市でアスパラガスも販売!】
「イマイカツミ ときどきアスパラ」
スケッチともども、フレッシュさを丸ごと味わっていただきたいです!

【お人柄にも魅了される事間違いなし。】
「イマイカツミ その場でスケッチ-あなたの宝物、描きます。」
イマイさんが、ハガキサイズのスケッチを、その場で描いてお渡しします。

日時:5/19、6/23
時間:両日11時~、13時~、15時~
定員:各回1名
所要時間:2時間
料金:5000円(額付)
持ち物:大切なもの(写真可)
※要予約。がたんごとんのお問い合わせフォームSNSより、日時・お名前・電話番号をご連絡ください。

生きるための道具とスケッチ 「イマイカツミ」展

生きるための道具とスケッチ
「イマイカツミ」展
5/17(金)ー6/23(日)
営業日(5/17.18.19.25.31.6/1.2.7.8.9.15.21.22.23)

富良野で活躍する半農半画家、イマイカツミさん。素朴で実直な人柄、生き方がそのまま作品になったようなイマイカツミさんの個展が、いよいよ始まります。

「生きるための道具と詩歌」というコンセプトに共感戴き、「生きるための道具とスケッチ」というテーマで、暮らし道具(その数70以上!)圧巻のスケッチを、一斉に公開します。
期間中は、
「その場でスケッチーあなたの宝物描きます」などの、スケッチ企画 「イマイカツミ ときどきアスパラ」
イマイさん自慢のアスパラの販売など、企画も多数!

企画をお手伝い戴いた札幌の出版社「寿郎社」さんの、ミニフェアも開催!
みなさまのご来場、お待ちしております!!

 

◆イベント1

『その場でスケッチーあなたの宝物描きます』
富良野在住の半農半画家、イマイさんが、その場ではがきサイズのスケッチを描いてお渡しします。
・日時
5/19 11時~ 13時~ 15時~
6/23 11時~ 13時~ 15時~
各回1名、2時間ほど

・料金
5000円(額付)

・持ち物
あなたの大切なもの(写真可)

・要予約。「がたんごとん」のSNSかHPより
日時、お名前、電話番号を添えてお申込みください。

書籍紹介ー中澤系さん『中澤系歌集 uta0001.txt』

 

副腎白質ジストロフィー(ALD)によって夭折した、中澤系さんの歌集です。

もし短歌に対して、おじいちゃんが趣味でやるもの、みたいなイメージをもっている人がいたら、そのイメージをアップデートする為に最適な一冊。スタイリッシュで硬質。冷たい刃物のような現実を突きつける現代短歌。すごくかっこいいです。

3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって
糖衣がけだった飲み込むべきだった口に含んでいたばっかりに
こんなにも人が好きだよ くらがりに針のようなる光は射して
いや死だよぼくたちの手に渡されたものはたしかに癒しではなく                                   ぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわ                                                                                                           システムに絡み取られた現代に生きる中での緊張感、格闘、一握りの希望を叫んだ作品。

書籍紹介ー𠮷田恭大さん「光と私語」

加藤治郎さんのconfusionのレイアウトでも話題になった、山本浩貴+hさんの装釘・レイアウトです。いぬのせなか座叢書からです。

短歌作品そのものでも話題ですが、レイアウト、デザイン表現の可能性にも一歩踏み込んだ作品。どんなテキストでも、デザインやレイアウトが読み手に与える影響はゼロには出来ない。また、短歌はかつては筆でグラフィカルにも扱われていた歴史もあるので、考えさせれる所が多くあります。

500部限定の特典ペーパーの連作(!)を重ねて読むと新たな作品が生まれるという試みも。

外国はここよりずっと遠いから友達の置いていく自転車

脚の長い鳥はだいたい鷺だから、これからもそうして暮らすから

大抵のものに切手が貼られるし、届くものだし忘れてもいい 「だいたい」とか、「ずっと遠い」とか、すごく脱力してしまうような大まかな言い回しや「忘れてもいい」のような投げっぱなしたような気持ち。それらが空けてしまった隙間に、ぎっしりと叙情や感傷が詰まっていて、果てしない味わいがあります。

余白の多い短歌だからこそ、隙間を、レイアウトの表現が拡張してくれています。

瀬戸夏子さん『現実のクリストファー・ロビン』

瀬戸夏子さんの、2009-2017、エッセイや日記、評論、小説や詩の作品をまとめた本です。

まとめて読むことで通低する世界観や感性を感じられる様に思います。骨太な評論を書かれるイメージもありますが、その中にも常に敏感な感性や現実的な感情をひしひしと感じます。

その立ち位置やタイトルのヒントが、あとがきに書いてあります。

「クリストファー・ロビンのその瞬間の至福ほど、現実のクリストファー・ロビンは幸福ではないということにわたしはながいあいだ至福を感じつつけてきてしまったし、それはこのさきも変わらないだろうということに罪悪感と絶望がないかといえば嘘になってしまう」

また、この本をまとめるにあたって、
「うんざりするほどひとつのことしか言っていないように思えた。それは、わたしは常にクリストファー・ロビンを愛するが、現実のクリストファー・ロビンを知りたいという欲望に打ち勝つことはできず、結局のところ、そのふたりのあわいにあるものについて永遠に語りつづけていたい、という欲望である。」

とあります。

クリストファー・ロビンは、ご存知、くまのプーさんに出てくる少年です。

くまのプーさんの作者、A・A・ミルンは、息子のクリストファー・ロビン・ミルンをモデルとして、作品に登場させました。作品は大ヒットしましたが、実際の人間のクリストファー・ロビンは、お話しのなかに出てくるクリストファー・ロビン像に、生涯苦しめられる事になります。

クリストファー・ロビンの暮らす世界は夢のようで、すごく美しい。でも、その人物が実在するとしたら…?思いを巡らさずにはいられない。実際の作者が常に見えかくれする、短歌や文学全般へも、同じような事が言えるのだと思います。

瀬戸夏子さんの絶え間ない探求心や、渇望とも言えるほどの熱意。クリストファー・ロビンを追いかけ続ける姿、その躍動を見ることの出来る一冊です。