和紙造形作家 にしむらあきこ さん

遅ればせながら、伝統的な和紙の技法を用いながら、絵本やオブジェの制作をする、にしむらあきこさんの作品も入荷しています。

工芸と詩の融合した、魅力的で唯一無二の活動をする作家さんです。一部、ご紹介出来ればと思います。

『ねこの国』

表紙には猫の形に梳かれた和紙。

するり後頭部

ひらひらお耳

べつに?

いいたげな

冷めた瞳

など、猫好きにはあるある。でありながらただの可愛がりだけではなくて、深い慈愛や喜び、命の美しさを語る言葉とイメージを、和紙の形と色で表現しています。

『糸片』

和紙造形制作の下絵を活版で印刷。

子どもから年老いるまでの女性の一生を辿ります。

プール帰りの夏の道

耳がぷかぷかして

肌に触れる空気がにせものみたいで

からだがゆらゆらゆれて

紺色の水着がなまぬるくて重くて

全てが遠くて

泣きながら帰る

「プール」より

厚手の紙で出来ているので、飾ることや、ギフトカードで送ることも出来ます。

『きこえる?』

こちらは、詩の収められた一冊。

きこえる?という入口から、命の不思議、奥行きに触れるようなイメージに、和紙で作られた形が踊ります。

奥行きのある言葉に和紙でしか出せないテクスチャが、深みを与えてくれる一冊です。

『オノマトペのうた』

『きこえる?』と同じ体裁でありながら、こちらは絵本のような内容です。

ぽっかり

うかぶ空の上

チチチチ チチチ

鳥の声

など、リズムや遊び心に満ちた作品で、テクスチャや色、形そのものを音楽のように楽しむ事ができます!

お子さま向けの絵本にも、BGMのように、身近に置いておきたい一冊です。

その他、『かみさま』、『耳』、『たどる』、『げっぷのうた/ねんねの森』

も、詩と工芸、リズムが一体となった本です。

『耳』

男の耳にはたんまり と砂がつまっていた

歩くたびにさはさらと耳から砂をまく。

時には私のほほをかすめるときもある。

など、不思議なお話も。

本の丁寧な作り、質感や色味は、是非、直接ご覧戴きたいです!

圧倒的信頼感と厚みー青木亮人さん、『近代俳句の諸相』

俳句研究者として活躍する、青木亮人さんの評論集です。

評論集というと堅めの印象があって、あまり触れない方も多いのですが、この本はどのような方にもお薦めしたいです。

1つはモチーフ。正岡子規、高浜虚子、尾崎放哉、山口誓子、中村草田男、石田波郷、菖蒲あや。短詩系文学の門を叩く人が避けては通れない人たちをピックアップ。生涯や活動の流れのポイントや、ターニングポイント、動機を驚くほどコンパクトにまとめてくれているように思います。

魅力のもう1つはカジュアルさ。いわゆる研究者向けの学術論文の様な堅さやマニアックさ(それはそれで楽しいのですが!)よりは、その俳人の人となり、全体像をサクッと掴めるような核心部分を鋭く、項目にして
紹介してくれている印象です。とはいえ、エッセイではなく評論なので軸足は常にニュートラル。このまま鵜呑みにして知識に良さそうだ!という安心感、研究に裏付けられた信頼感を掴みながら読み進められます。

既に実作をしている方の筋力増強に!
俳句ってなんだろう?と、真面目に考え始めたニューカマーの皆さんに!
広くお薦めしたい1冊です。

イベントのお知らせ【poetry ltttle press fair】

久しぶりの、本のフェアのお知らせです。

短詩系や現代詩を中心としたZINEや同人誌、インデペンデントな出版社の本を集めたフェアを開催中です。
道内では、弊店のみの書籍も多数並べています。

商業目的でない事が殆どの同人誌やリトルプレスは、どれもが熱い思いによって紡がれ、丁寧に作られています。
是非是非、ごゆっくりご高覧戴ければ幸いです!

書籍紹介ー美しい世界の悲しみと希望ー藪内 亮輔さん『海蛇と珊瑚』

2012年角川短歌賞受賞。藪内 亮輔さんの待望されていた第一歌集です。

とにかく静謐で美しい歌たち、しかし、その多くには濃く強い陰がかかっています。

その陰は若者らしい安易な絶望や放棄ではなくて、生命の向こう側まで見通すような、重たさや神秘性を持って命や世界を描いているように思います。

 

 

 

傘をさす一瞬ひとはうつむいて雪にあかるき街へ出でゆく

 

鉄塔の向かうから来る雷雨かな民俗学の授業へ向かふ

 

日々に眠りは鱗のやうにあるだらう稚(をさな)き日にも死に近き日も

 

 

 

一首目、実に日常的な光景。どこまでも続くような白く輝く世界に出ていく前に人は必ず下を向く。下を向くことも、世界が白く明るい事も、寒く厳しいかもしれない世界がどこまで続いているのかも、全てが運命のようにも見えて、自然にそれらを乗り越えていく人々がけなげに、しかしとても力強く見えるように感じます。

 

冷たい鉄塔の向こうから、大きな力が迫ってくる予感がする。かな。と、ただ見つめる姿がすごく小さくも見えます。人は、学問の力で神秘に立ち向かおうとしたり、その秘密を探ろうとし続けているのだと思います。

 

眠りは鱗だとするとそれは体を守るもの、外れないもの、淡々と繰り返されているもの。安らぎは、実は薄くて剥がれやすいもので、子どもも病人も老人も区別しないような、凄く冷酷なものかも知れない。でも、誰にもいつかは訪れるもの。

 

 

世界の希望や冷ややかさに触れながら、それに浸るでもなく、悲しむでもなく、一体化するかのように受け入れ、ひたすら視線を注いでいるように見えます。希望にも失望にも固執しない故に、どこまでも深い世界まで覗けてしまうような、視線・身体の奥行きを感じます。

 

 

 

十本の脚に五本の腕は生え蟹走りして来るんだ闇は

 

詩は遊び? いやいや違ふ、かといって夕焼けは美しいたけぢやあ駄目だ

 

絶望があかるさを産み落とすまでわれ海蛇となり珊瑚咬む

 

 

 

一見、寓話や物語のような語り口もありました。しかしどれもが空想の世界というよりは強い実感を伴うもので、ただの作り話とはとても思えません。

 

十本の脚と五本の腕の生きものは化け物としか言えないようで、蟹走りをするという辺りが、哺乳類のように意思疎通の出来る相手ではないように感じます。おそらく動きも機敏、予測不能、それでも、僕たちの方に目的があるかのように向かってくる。心の闇?世界の闇?分からないけれど、不穏なものはそうやって抗いがたく、不如意に近づいてくるのだと、こんなに非現実的なのにとても納得させられます。

 

会話のような歌は、実際の言葉のようでありながらどこか芝居がかり、近代の小説を読まされているような感覚があります。これはおそらく現在にも通じている話。小気味よくて、本当にそういったことを言った登場人物がいそう。そういう時代やあり方への憧れでもあるし、文学者がやっている事が大して変わっていない。越えられないという批判のようにも見えます。美しいだけじゃ駄目なら、何が必要なのか?それを聞くのも野暮になってしまうような、姿勢の表明にも感じました。

 

表題にもなっている一首。これまでの通り、世界の明るい面、暗い面の両面を深く見つめている作者で、その姿勢を強く感じました。絶望が明るさを直接産むというのは理論的にはよく分からない話。それでも、その向こうに美しい世界があるというのは作者の直感的に捉えた確信のように思います。海蛇、珊瑚、どちらも強く硬く、拮抗する。表情も変えず、大きな海の中で生命の営みに包まれている大きな世界観を感じました。

 

読んで欲しいな、と思い長々と感想を述べてしまいましたが、装丁含め、一目見て問答無用に美しい歌集!!

是非是非、お手に取ってご覧ください。(よ)

短歌研究2月号

編集後記にて弊店の箒といしいしんじさんについて、触れて戴いております!
ありがとうございます。

短歌研究2019年2月号は
「いよいよ京都、大特集」!京都歌人の平成じぶん歌。いしいしんじさんと吉川宏志さんの対談は、ジャンルを越えて深く共鳴する、神秘性すら感じる内容でした。

2/24(日)【次回歌会のお知らせ】

【次回歌会のお知らせ】
「第5回がたんごとん歌会」

◆2019年2月24日(日)
・16時〜19時 (終了時間は予定)
・参加費:500円
・テーマ詠『窓』 または自由詠 2首まで
・提出〆切:2/20(日)中
・投稿フォームはこちら (当日飛び入りの見学も大歓迎!) ※上手く動作しない場合、メールや、DMなどでも大丈夫です。

出入り自由。見学、(または詠草なしでの参加)、初心者大歓迎です!
歌会とは・・・皆で、テーマに沿った短歌を持ち寄り、わいわい好きなところや気になった所などを鑑賞しあう会です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマは「窓」。前回最多票だった向野 淼(こうの はる)さんからのお題です。

 

夜行バス 車内の海でたくさんの寝息が泡になるのを見てる

情景の鮮やかさ、喩の巧みさ、静けさ、イメージの広がりなどで好評でした!
(泡=呼吸、静かに眠る命・・・という感じが素敵ですね・・・←改めて読んでじわっている)

初めての方でも、見学だけでも。お気軽においでください!
たくさんの方に、歌会の楽しさ、短歌の面白さが伝われば幸いです。

みなさまのご来場、お待ちしております〜

本の仕事をしている人で集まる会in 北海道

第三回「本の仕事をしている人で集まる会」は、

ほうきのアトリエと本の店「がたんごとん」

で開催します!

◆日時 2019年1月27日 15時〜

※持ち物 交換会に使用するため、おすすめの本・好きな本を1冊お持ちください。

出版関係の方、書店の方、創作や作家活動をしている方と、交流できれば嬉しいです。

人数把握のため、参加の方はお問い合わせフォームか、SNSでメッセージを戴ければ幸いです。

書籍紹介ー色とりどりの日々ー小野田光さん『蝶は地下鉄をぬけて』

角川短歌賞でも、「ホッケーと和紙」という、アイスホッケーをしながら和紙職人になることを夢想する、という設定(というのも、実際の体験の話ではないそうでhttps://note.mu/hikaruonoda/n/n3329649dc9ba)の連作で話題になった小野田光さんです。

宣伝用に制作されたフリーペーパーはプロレスのライターさんのインタビュー。

歌集にも、おまけで素敵なイラストのポストカードがついてきます。

とにかく、要素が豊富で、自由なイメージの小野田さんです。

風を待つ額に満ちるあかるさのようなオムライスを見つめたい

 

 

「ブロッコリーは小さな森よ」とママは云うまるごとたべるなんていやだよ

完璧なしゃぼん玉もうさようなら姉のブラウス私に似合う

苺好きと決めつけられて枝切りの鋏でみずから髪切る花屋

なかなかにたのしい記憶でしたのでふともも裏に貼っておきます

ほんのりと揺れることばを零す間に春がスパークしてるじゃないか

 

 

・・・読んでいて、あれ、これは小野田さん本人?設定?とか、よく分からなくなったり、これ何かの比喩かな?とか、考え始めたりもしたのですが、途中から止めました 笑

個性的な作品を作っているからといって何か世の中をひっくり返してやろうとか。

軽い事を言っているようで実は深読みしてほしいとか・・・

といったような難しい事じゃなくて、ただ楽しんで欲しい。(もちろん小野田さん本人も、とっても楽しく暮らしている。はず)というのが全面に見えてきて、肩の力がみるみる抜けていきました。

 

 

考えろと宣う課長がとんかつにとんかつソースをどろりとかける

守備につく白地に赤のストライプ戦闘服にしてはかわいい

妙な声きこえてないか八月の醒めた配置の福笑いから

思いつく言葉飲み込みふつふつとひじきばかりを炊くベーシスト

泣きながら力うどんをすすってる人に遭遇したことがある

 

 

・・・社会人の悲哀のようなものとか、ふと見つけてしまう不安だとか。ネガティブに見えるものもあるけれど、そういうものも含めてのあたたかい世界であるとか、なんだか全て包み込んでしまうような、懐の大きなユーモアを感じました。

 

 

君のこと知りすぎたかな肖像を描けば極彩色が溶けあう

北風に堪えきれなくて剝がされた銀杏はひかりつつ逢いにゆく

秒針がないまま廻っている時計 君は結論から話しだす

 

 

・・・1人の事を知りすぎて、猛烈に色味のついた、すごく個性的な人にしか見えなくなってしまう。相手の息づかいも聞こえるくらいの、近くで暮らしている事を思います。

実は貼り付いていただけの様に、風ではがれてしまう銀杏。それでも、命の1つとして光輝いている。その輝きの様に、大切な1つの心を抱えながら、逢いにいく冬の道。

一番身近にありながら、予兆なく不如意に動く時計。同じ様に、いつも近くにいる人から、急な結論が放たれる事もあります。時計の音がしないからこそ、静けさが強く強調される。

ただ笑わせようという事ではなくて、繊細な描写など、感じ入る事もたくさんあります。色んな人がでてくる事で、自由に視点が行き来することで、生きるって色々あるけれど、なんだか楽しいなぁ。と思わせてくれる歌集のように思いました。

 

しらす丼に付くデザートはミルフィーユ細かい仕事があふれだす街

 

・・・ほんとにこんな店あるだろうか!あるかも知れない。ちょっと嫌なような・・・でもデザートは欲しいような・・・ミルフィーユみたいに細かい事とか、重なったごちゃごちゃしたこと色々あるけど、結果、ミルフィーユって美味しいよね!みたいな(すごく雑ですみません笑)でも、前向きになってしまうような歌集でした。バンザイ!

(よ)

書籍紹介—平易な言葉、限りない奥行き—宇都宮敦さん「picnic」

 

現代短歌社からの新刊、多くの人気を集める宇都宮敦さんの待望の歌集です。
(写真で分かりづらいですが、図鑑ばりに大きい・・・すごい存在感です)

だいじょうぶ 急ぐ旅ではないのだし 急いでないし 旅でもないし

など、普段短歌に親しんでいない方にチラシをお見せしても、ふふっ、と笑ってくれたりして、多くの方に詩歌に触れてほしいという店からすれば、とてもありがたいと思っていました。

日常の言葉や言い回しと全く隔たりなく、つぶやきの様に紡がれる短歌。それでも僕たちの生き方や、暮らしていて見えなくなってしまったもの、哲学や、繊細な感情などを、ダイレクトに伝えてくれる短歌だと思います。

おばちゃんが道のむこうで叫んでる 僕にむけてじゃないのはわかる

・・・一見すると、なんなんだ笑 という感じですが・・・笑 誰かが必死で呼びかけている。けれど、向こうとこちらには、越えられない壁があって、何もすることが出来ない疎外感を感じました。彼女に手を差し伸べられるのは僕じゃない。でも、僕には関係ない、という冷ややかさも感じられて、社会の寂しさのようなものも感じます。

なるほどね んじゃあ、最後に公園の水飲み場で水を飲んだのはいつ?

・・・何があったのか全然分からない!けれど、誰かと話をしていて、深刻な話なのかも知れないし、何か生水はまずい、とかどうでもいい話かも知れない。ただ、相手の話を落ち着いて、フランクに、受け入れながら答えようとする優しさを感じる。こんな細かい事、覚えている人がいるのだろうか・・・。大きな問題にしろ、些細な問題にしろ。日常の小さな事、足元の出来事を見落としながら、多くの人は生きているのだ。と気づかされました。

ボウリングだっつってんのになぜサンダル 靴下はある? あるの!? じゃいいや

・・・あるあるっぽい!し、なんなんだ笑。とまずなってしまいますが、風景や状況の描写を一切のぞいた、台詞だけの表現を使うことで相手との親しさ、フランクさ、前のめりの呼びかけがボウリング場の喧騒やピンの弾ける音まで聞こえてくるような・・・。ちょっとした事で、ええっ!って文句も言える関係だし、じゃいいよ。やろうぜ。って、すぐに何でも水に流せる関係。ちょっと羨ましいくらい。

嫌なやつになっちゃいそうだよ もうじゅうぶん嫌なやつだよと抱きしめられる

言葉が平易な分、リアルな出来事として、心に直接ささる言葉が多い様に感じます。この短い歌のなかで、感情が何度も往復している。「嫌なやつになっちゃいそう」という時点で、本人にとっては、もう嫌なやつにもうなっている。でも、どうにか踏みとどまろうとしている。帰ってきたい。助けてほしい。この相手なら、どうにかしてくれるんじゃないだろうか。自分の一番弱い部分をさらけ出して、救いを求めている一幕。そこへ「もうじゅうぶん嫌なやつだよ」と、そんな事もう知ってた。お前の弱さなんて今始まった事じゃないし、分かっててこれまで付き合ってきたんだ。当然だろう?と、全てを肯定してくれるように抱きしめてくれる。・・・など、説明しすぎて野暮の極みですが 笑

こんなにフラットな言葉で、こんなに密度の高い言葉たちが集まっていて、驚きの歌集です。

いつも、紹介したい気持ちが先行して、多く引きすぎてしまうのですが・・・楽しみにしている方に怒られてしまうかと思うので控えめに・・・

※書店限定で付いてくる、書き下ろしエッセイも素敵でした!一連の作品に、またひとつ奥行きを足して、レイヤーをかけてくれるように感じます。装丁も、図録のようなサイズだったり、複写紙(?)のように裏面に薄い青の色がついていたり・・・奥行きのある一冊です。最後にパンチのあるやつを

ネコかわいいよ まず大きさからしてかわいい っていうか大きさがかわいい

ネコのかわいさに理由なんていらない!全肯定!笑
説明不要で愛に溢れる歌集。是非ご一読下さい。
(よ)