歌会の報告・次回のお知らせ

先日の歌会参加の皆様、ありがとうございました!
予定で詠草だけになってしまった方もいたのですが、またの機会にお会いしたいです。

「窓」というお題がよかったのか、抒情的で魅力的な歌が多く集まりました。

最多票だったのは、お二人
三上春海さん

水の向こうの窓の向こうのひとびとのまなこにマリン・スノウはゆれる

ナカヒラカオリさん

サンキャッチャー飾る家々多い中おとなりさんは餃子を吊るす

でした!

三上さんは、第一回以来でしたが、その時も最多票でした。さすがですね・・・!マリン・スノウはプランクトンの死骸が海の中で雪のように見える現象だそうです。「の」の連続の効果的な使い方と、多重的に重なるイメージが、好評でした。

ナカヒラさんは、サンキャッチャー、そもそもそんなに溢れてるか?餃子?など、圧倒的なインパクトで注目の作品でした。おとなりさん、という距離感が良い。これは、餃子じゃないと成立しない!など熱い(?)議論が交わされました。

次回は、4月21日(日)の予定です!
初めての方も毎回いらっしゃるので、多くの方のご参加、お待ちしております!
お気軽にお問い合わせください。
詳細、また追ってお知らせしますね

イベントのお知らせ【poetry ltttle press fair】

久しぶりの、本のフェアのお知らせです。

短詩系や現代詩を中心としたZINEや同人誌、インデペンデントな出版社の本を集めたフェアを開催中です。
道内では、弊店のみの書籍も多数並べています。

商業目的でない事が殆どの同人誌やリトルプレスは、どれもが熱い思いによって紡がれ、丁寧に作られています。
是非是非、ごゆっくりご高覧戴ければ幸いです!

2/24(日)【次回歌会のお知らせ】

【次回歌会のお知らせ】
「第5回がたんごとん歌会」

◆2019年2月24日(日)
・16時〜19時 (終了時間は予定)
・参加費:500円
・テーマ詠『窓』 または自由詠 2首まで
・提出〆切:2/20(日)中
・投稿フォームはこちら (当日飛び入りの見学も大歓迎!) ※上手く動作しない場合、メールや、DMなどでも大丈夫です。

出入り自由。見学、(または詠草なしでの参加)、初心者大歓迎です!
歌会とは・・・皆で、テーマに沿った短歌を持ち寄り、わいわい好きなところや気になった所などを鑑賞しあう会です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマは「窓」。前回最多票だった向野 淼(こうの はる)さんからのお題です。

 

夜行バス 車内の海でたくさんの寝息が泡になるのを見てる

情景の鮮やかさ、喩の巧みさ、静けさ、イメージの広がりなどで好評でした!
(泡=呼吸、静かに眠る命・・・という感じが素敵ですね・・・←改めて読んでじわっている)

初めての方でも、見学だけでも。お気軽においでください!
たくさんの方に、歌会の楽しさ、短歌の面白さが伝われば幸いです。

みなさまのご来場、お待ちしております〜

本の仕事をしている人で集まる会in 北海道

第三回「本の仕事をしている人で集まる会」は、

ほうきのアトリエと本の店「がたんごとん」

で開催します!

◆日時 2019年1月27日 15時〜

※持ち物 交換会に使用するため、おすすめの本・好きな本を1冊お持ちください。

出版関係の方、書店の方、創作や作家活動をしている方と、交流できれば嬉しいです。

人数把握のため、参加の方はお問い合わせフォームか、SNSでメッセージを戴ければ幸いです。

次回【短歌を読む会のお知らせ】と歌会の報告

がたんごとん歌会ご参加の皆様、誠にありがとうございました!
最得票は向野 淼(こうの はる)
さん

夜行バス 車内の海でたくさんの寝息が泡になるのを見てる

でした!情景への共感、喩の巧みさ、静けさ、イメージの広がりなどで好評でした!

——————–
次回は12月16日『今年の新人賞を読む』会です。

時間:14時半〜
参加費:500円

作品は

第29回歌壇賞
川野芽生『Lilith』

第61回短歌研究新人賞
『この人を追う』工藤吉生
『自習室出てゆけば夜』川谷ふじの

第64回角川短歌賞
『オン・ザ・ロード』山川築

です!

応募フォームはこちら→
※テキストに関しては、後ほどメールで連絡しますので、まずはご登録下さい!
https://goo.gl/forms/GnDaNj2SYIbXynvX2

(参加人数は、上限15名ほどの予定です。ご連絡はお早めに!)

「読む会」は、レポーターの方にお題の短歌作品を紹介して戴き、みんなでワイワイ話す会です。
歌会同様、好きなところ、分からない所など、語り合ったいけたらと思います。

作品を紹介してくれる、レポーターの方も募集中です!

皆様のご連絡、お待ちしております!