第一回がたんごとん歌会まとめ

ご参加いただいたみなさま、改めてありがとうございました!

結果的に15名、20首(店主含む。一名は詠草のみ)が集まり、大変充実した会になりました。

さて私、歌会未体験だったので、どんなものなのかなと思っておりましたが、まさに大人の部活動。短歌好きはもちろん、少しでも興味があれば、どなたでも楽しめるなと。他の歌会はわかりませんが、敷居の低さをモットーに掲げたいです。

今回は、20首の中から4つに票を入れてもらったのですが、面白いなと思ったのは、結構票がバラけること。他者の琴線を知ることで、新たな見方や、返って自分の読み方の癖を知ることができ、ただただ勉強になりました。

初体験というものは、人生で一度しかできないことなので、平凡を恐れず感想を。敷居の低さをモットーと書きましたが、一方で、学びの場としての満足度も高めていきたいなと。長く続くためにもね。そんな訳で、次回の開催は、6月末の予定です。また確定しましたらお知らせしますので、どうぞ楽しみにお待ち下さい!(あ)

テーマ詠「肉」

最多票は、三上春海さん

飼い犬に肉片という名をあたえ最後までふつうに可愛がる

でした!

『はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで』(書肆侃侃房)刊行記念の雪舟えまさん朗読&サイン会

『はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで』(書肆侃侃房)刊行記念の舟えまさん朗読&サイン会が4/26日に開催されました。

昨夜の雪舟さんの朗読&サイン会、とても素晴らしい時間でした。各地からご参加いただいた皆さま、そして雪舟さん、書肆侃侃房の藤枝さん、ありがとうございました。店全体が魔法にかけられ、突然、夢が叶ったような、幸福に包まれた一夜でした。改めて、望まれた場として存在していること(ありがたいことです)、継続していくことの重要性を感じました。今後、迷い悩んだ際に、戻るべき初心として、昨夜の全てを記憶しておこう。(あ)

「書肆侃侃房15周年記念全歌集フェア」

初めてのイベント、書肆侃侃房さんは、最初に受け入れて下さった出版社様です。

圧倒的、担当の方の熱意。どこの何者でもない私達にここまでしてもらって、感謝しきれません。

お陰様で継続、全ての歌集をレギュラーとして置かせて戴いています。侃侃房さんのフェアは、これからもずっと、続けていきます。