生きるための道具とスケッチ「イマイカツミ」展 イマイカツミさんについて



夢を目指して一念発起。そして富良野へ

イマイカツミさんは、富良野在住、半農半画家の人です。富良野の大自然に囲まれて、土と共に育ち…と想像してしまいますが、生まれは大阪、横浜育ち、成人してから富良野に移住した方です。
絵画は独学。サッカー、ラグビーなど、運動部だったイマイさんですが、大学で美術部に入り、絵に魅了されていきます。
大学卒業後、角川書店に入社するも1年で退社。思い切って富良野へ農作業ヘルパーとしてやってきて、その後放浪しながら絵を描く旅に出るなど、模索を繰り返しました。


イマイさんの著書『廃材もらって小屋でもつくるか』(寿郎社)の実際の小屋

土に触れながらの生活。その行き先

その後、富良野へ移住。半農半画家の暮らしが始まります。
ゴーギャンを敬愛するイマイさん。フランスから楽園を求めてタヒチを何度も訪れるゴーギャンのように憧れだけでなく、含蓄や深みのある作風や生き方をそのまま体現しているようにも見えます。

生きるための道具とスケッチ
「イマイカツミ展」は、5/17から!

サン・テグジュペリの言葉「自分を完成させるように努めること」を目指して、日々絵に、土に、向かい合うイマイカツミさん。是非是非、実物を直接ご覧ください。

◆イベント情報!◆
【6/1 10時~ space1-15朝市でアスパラガスも販売!】
「イマイカツミ ときどきアスパラ」
スケッチともども、フレッシュさを丸ごと味わっていただきたいです!

【お人柄にも魅了される事間違いなし。】
「イマイカツミ その場でスケッチ-あなたの宝物、描きます。」
イマイさんが、ハガキサイズのスケッチを、その場で描いてお渡しします。

日時:5/19、6/23
時間:両日11時~、13時~、15時~
定員:各回1名
所要時間:2時間
料金:5000円(額付)
持ち物:大切なもの(写真可)
※要予約。がたんごとんのお問い合わせフォームSNSより、日時・お名前・電話番号をご連絡ください。

生きるための道具とスケッチ 「イマイカツミ」展

生きるための道具とスケッチ
「イマイカツミ」展
5/17(金)ー6/23(日)
営業日(5/17.18.19.25.31.6/1.2.7.8.9.15.21.22.23)

富良野で活躍する半農半画家、イマイカツミさん。素朴で実直な人柄、生き方がそのまま作品になったようなイマイカツミさんの個展が、いよいよ始まります。

「生きるための道具と詩歌」というコンセプトに共感戴き、「生きるための道具とスケッチ」というテーマで、暮らし道具(その数70以上!)圧巻のスケッチを、一斉に公開します。
期間中は、
「その場でスケッチーあなたの宝物描きます」などの、スケッチ企画 「イマイカツミ ときどきアスパラ」
イマイさん自慢のアスパラの販売など、企画も多数!

企画をお手伝い戴いた札幌の出版社「寿郎社」さんの、ミニフェアも開催!
みなさまのご来場、お待ちしております!!

 

◆イベント1

『その場でスケッチーあなたの宝物描きます』
富良野在住の半農半画家、イマイさんが、その場ではがきサイズのスケッチを描いてお渡しします。
・日時
5/19 11時~ 13時~ 15時~
6/23 11時~ 13時~ 15時~
各回1名、2時間ほど

・料金
5000円(額付)

・持ち物
あなたの大切なもの(写真可)

・要予約。「がたんごとん」のSNSかHPより
日時、お名前、電話番号を添えてお申込みください。

「第6回がたんごとん歌会」

◆2019年4月21日(日)
・14時〜17時 (終了時間は予定)
・参加費:500円 
・お題「です。ます。を詠みこむ」 ※でした。ました。など活用可
・14~17時(予定) ・参加費500円(おやつ、飲み物つき)自由詠 2首まで 

・提出〆切:4/18(日)中
・投稿フォームは→こちら (当日飛び入りの見学も大歓迎!)
 ※上手く動作しない場合、メールや、DMなどでも大丈夫です。

出入り自由。見学、(または詠草なしでの参加)、初心者大歓迎です!
歌会とは・・・皆で、テーマに沿った短歌を持ち寄り、わいわい好きなところや気になった所などを鑑賞しあう会です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お題は、前回最多票だったナカヒラカオリさんからのお題です。

最多票だったのは、お二人
三上春海さん

水の向こうの窓の向こうのひとびとのまなこにマリン・スノウはゆれる

ナカヒラカオリさん

サンキャッチャー飾る家々多い中おとなりさんは餃子を吊るす

でした!

サンキャッチャー、そもそもそんなに溢れてるか?餃子?など、圧倒的なインパクトで注目の作品でした。おとなりさん、という距離感が良い。これは、餃子じゃないと成立しない!など熱い(?)議論が交わされました。

初めての方でも、見学だけでも。お気軽においでください!
たくさんの方に、歌会の楽しさ、短歌の面白さが伝われば幸いです。

みなさまのご来場、お待ちしております。

詩情と暮らし 展 ーヒシガタ文庫さんにて

職人の吉田が、東区のヒシガタ文庫さんにて、展示会を行います。

通常のアトリエとは、少し違う姿をお見せ出来るかと思います。

皆様のご来場、お待ちしております。

中津箒・吉田慎司 「詩情と暮らし 展」

2019年4月20日(土)- 5月6日(日)
10:00-22:00

ヒシガタ文庫

神奈川県で明治時代より作られている中津箒。無農薬の素材と
手仕事による優れた道具でありながら、暮らしに彩りを添える
魅力があります。セレクトされた、詩歌の本と共に展示されます。

-4/28(日)ワークショップ「豆ほうきを作る。」-
15cmほどの、筒形のほうきを制作します。
時間:①10:30〜 ②13:00〜 ③15:00〜
参加費:2000円 各回4名、所要時間1時間
・ご予約はヒシガタ文庫にて
http://hishigatabunko.com

〒065-0025
北海道札幌市東区北25条東8丁目2-1(ダイヤ書房内)ヒシガタ文庫