書籍紹介-「うずく、まる」 中家菜津子 さん

第一回詩歌トライアスロンを受賞されている、中家菜津子さんの歌集です。

短歌だけでなく、詩も収められた歌集。

「うずく、まる」

「星を身籠るわたしは母なのです。この十年いのちのない塊の母であったのがわたしのおんなとしての正味だったのです」

「あなたのケースでは、これが最善の策です。リスクを冒してまで守るべきものなのですか」

「星が生まれる時、澄んでひかりながらしたたり落ちたものの重さを知らないのですね」

「術日を決めましょう」

うずく、まる

「わたくしはおんなとして星であるべき身体なのです」

ふとももと胸のふくらみくっつけて立派な椅子を信じていない

…表題にもなっている、「うずく、まる」。リフレインの様に入ってくる うずく、まる という言葉。リズムを刻んでいる様でありながら、演劇の様な語り口。短歌と詩の敷居がシームレスで、これぞトライアスロン…!と思いました。

薄氷を踏む子の列は通りすぎ小さな鳥へひかりを配る

ひとときの紅茶を淹れる読みかけの本はかもめのかたちに伏せて

火を飼ったことがあるかとささやかれ片手で胸のボタンをはずす

…澄んだ心象、けれど、すごくドラマティックです。全体的に、短歌を読んでいても、詩を読んでいる様な印象も受けました。

ストレートな写実よりは、心や状況を何かに喩えている事が多い。アニミズム的に物や自然に想いを託すよりは、ストーリーやシーン全体が、何かを表しているように見えて、モチーフもさることながら、演劇の語り口に近い感じがしました。

ドラマティックなのに、妄想や、ファンタジーという感じはあまりせず、やはり実感がぴったりとくっついている様に思います。

そして視覚的にも美しく、緊張感があり、とても澄んでいます。北海道にも住まわれていたそうで。雪国のモチーフも、それらを効果的に際立たせます。

月蝕の暗がりにいるいもうとは草むらに火をしずかに放つ

まっすぐな一本道の果てに立つポストに海を投函した日

悪夢から目覚めてママに泣きつけばねんねんころりあたまがころり

みもざ、みもざ 歌ってほしい耳もとで雨粒よりも小さな声で

ポケットに切符を探している人がポプラのように改札に立つ

ストーブの炎を鏡越しに見る(氷のような短いメール)

わたしには温かいときあなたには冷ややかな肌、冬を重ねる

一枚の大きな鏡が割れたのか本から顔をあげる砂浜

旭川駅は硝子に囲まれて茜はやがて焼け跡になる

干瓢の皮をひたすら剝く祖父がふいに微笑み左手を見る

パレットのような田を行く自転車よ黄色の絵の具を買い足すために

保育器へ向かう廊下は朝焼けの菜の花畑へ続く道のり

…短歌だけでなく、詩やドラマティックな光景もあり、心がぽわっと広がりましたね…!

色々な見方が出来ると思うので、じっくり、ご覧戴ければ嬉しいです!

-入荷しました!-「港の人」様 +書籍紹介 山田航 第二歌集「水に沈む羊」

当店では、出版社様より直接、歌集などを中心に仕入れさせて貰っています。
先日、「港の人」様より、幾らか入荷戴きました。
詩歌、文学、学術系を中心とした出版社さんですが、装丁が綺麗で有名ですね。
なにか一冊とりあげたいなー と思ったのですが、北海道の書店としては、外せないかな・・・!と、山田航さんの歌集です。

「水に沈む羊」タイトルだけだと、すごくファンタジックな印象も持っていたのですが・・・寧ろ、デジタルな表紙。ででん

羊+デジタルだと、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」とか思い出しましたね。映画「ブレードランナー」の原作にもなった、ややディストピア的なSF小説です。私の妄想かなーとも思いましたが、意外と外れじゃないかも・・・とか思いました。理由は後ほど

山田さんの歌は、陰があり、とても抒情的で、一見デジタル感とは無縁な感じがします。

■抒情

きみはそれを雨に喩へたまばたきのすきまを絶え間なく落ちる声
・・・まばたきの隙間の雨、涙、ということでしょうか。文語表現によるこの厚み。きゅんきゅんします

葡萄色の産科医院へ告げに行くずつとふたりで生きてゆくこと
・・・子どもが出来て、生涯の伴侶になる事。病院に告げる。というのが、子どもに誓う。という感じがして、はっとします。なじみのない、下手したらイミテーションの教会に愛を誓うより、こちらの方が、現代ではリアルなんじゃないでしょうか。葡萄も、キリスト教を連想させますね。

■社会へのまなざし。むしろパンク
ただ抒情で終わることなく、社会への冷静な眼差し、批判的な視点も多くあります。

五百年のちの人類 流星の塵を処理する技術はなやか
また塾ができたねこの街の夜はさながらこどもたちの王国
月の世のビルの上より降り注ぐ恋人たちの中絶費用

・・・無作為に引いてしまったので前後の流れが切れてしまいますが
五百年後の人類は、宇宙のごみ処理にも難なく手を出しているだろう。という事ですが、はなやかなゴミ処理。空しい感じもあります。

二首目、街が塾で溢れて、子どもの王国のようになっている・・・なんだか、夜景でも見る様な言い方が冷ややかです。

三首目、最後にいきなり出てくる、中絶費用。そこまでがすごく綺麗な分、かなり過激な感じがします。月≒妊娠 という連想

このように、むしろ過激な言葉も多い印象も受けました。

また雨だ唾液まみれの言ひ訳ももう届かない場所にきてゐる
・・・唾液まみれの言い訳・・・ボロ雑巾のようである。かなしい

郷愁へ向かふあやふさ草原の蛙声、暴走族の爆音
・・・一見なんだそりゃ、という感じもしますが、田舎といえば暴走族(違うか笑) 綺麗なだけの郷愁より、こういう現代の歪みのなかに、リアルを求めている。

きちきちのリチウム電池すきまなき思想家としてのグーテンベルク
・・・ちょっと難しいかなーとも思ったのですが、グーテンベルクと言えば印刷技術を生み出した人で、現代の科学や量産への道を開くきっかけとも言えます。きちきちのリチウム電池。コミカルな語感ですが、それもあいまって結構いやですよね(笑)
プロダクトや機械に溢れる志向としてのグーテンベルクなのかな、と思います。

舞ひ上がるフリーペーパー 街路樹に街は対称形を崩して
・・・量産されたフリーペーパーの崩壊。整えようとした街路樹も有機的になり、機械化の歪みが露わになる、感じがします。

時に過激な言い方で、現在のリアルな叫びを、批判も交えて形にする。パンクだな~なんて、思いました。

■内面を見つめた歌
純粋に、内面をみつめた歌も多くあります。全体を、陰が覆っています。

監獄と思ひをりしがシェルターであったわが生のひと日ひと日は
・・・檻だと思ってたら、自分で作った壁だったって奴ですよね・・・分かるわぁ(笑)

屋上から臨む夕映え学校は青いばかりの底なしプール
考へろなぜ教室に棺桶のかたちを真似たものが多いか
・・・スクールカースト底辺出身としては、共感しか生まれません

■その他

棄てられた草原、そこに降り注ぐ星のひかりを愛さう、せめて
・・・棄てられた草原。ややファンタジー感もあり、せめて、の喪失感。倒置法の降り注ぐ星のひかり。なんて、やや中二感も出るんですが・・・このフィクションぽい陶酔感が、むしろ、デジタル世代にはリアルだったりして。刺さりました。

昭和製のコイン入れれば震へ出す真夏を回りつくすさざなみ
・・・こんなにも、季節感と、翳りと、躍動感のるコインランドリーが、いまだかつてあっただろうか・・・!?好きです。

 

一発目と思って、引き過ぎました!装丁もとても綺麗なので、これは実物を見るしかないです!
来週から、書肆侃侃房さんのフェアも始めるので、そちらからも紹介していきます!お楽しみに!(むしろ私が楽しみ)

ほうきについて

アトリエ兼ショップのがたんごとん。

ほうきについて。ご紹介しようかと思います。

吉田慎司は、中津箒 の職人です。

中津箒は、神奈川県で明治から続く、現代表が6代目の、古いほうきです。

最盛期は、ほうきに携わる家が100軒はあったといい、大きな産業でしたが、現在、この地域では一軒のみとなっています。

そのため、かつては農家の方が作ってくれていた原料も全て無農薬の自社栽培。その分、クオリティも信頼感も高い箒を作っています。強度、穂先の密度、しなやかさ、コシ、など、実際に手にとって戴ければ嬉しいです。

糸は、天然染料で、自分で染めています。最近は、北海道にある染料で、土地に根付いた形でやりたいな。と思っています。枝の柄の箒も多く作りますが、道内の材木屋さんから購入しています。

ほうきについての思い入れや具体的なイベントなどは、吉田慎司 のブログにもしばしば載せていますので、ご高覧ください。

とにかく丈夫で、機能的で、魅力的で、皆が日々生きることを喜べる様な箒となる様!念じながら作っています。

よろしくお願い致します。

とりあえず


もう少し修正したら、作業だけならできそうです!

屋根(?)部分、思ったよりぴったりいったなー


台より、箒の作業用の杭づくりに、時間がかかった…!笑

椅子で作る作業台は、結構珍しいかもですね〜

あ、照明、つけなきゃ

資材搬入

がたんごとん、ブログ、始めました。

吉田慎司の、ほうきのアトリエショップ兼、茜さんが店長のお店を作ります。

・搬入
子どもらの妨害をかいくぐったり、負けたりしながら、少量ですが資材を搬入しました。

これらで制作設備と、カウンターを作っていきます。

借りたお部屋は、床が木の板、壁はホワイトキューブみたいに良好で、ほとんど手直しなどいらないくらい。ここにお店を始められる事から始まり、すでに何から何までありがたい限りです。

・OSB!
素材、何にしようかなぁとしばしば思っていたけれど、結局OSB材にしました。(Oriented strand board、木のチップを、固めたやつです。)

別に、わざわざ言うほどのもんでもないし、むしろ廉価な部類で、元来の使い方は構造用パネル。で、見ようによってはかっこいいので、DIYなどで、みんなよく使っている素材です。

最初は、杉かなぁ、とか、プレミアムな木材とかを想定してしまうんですが、自身のリアリティを重視しました。
背伸びせず、安価で、身近な素材。
田舎のおじいちゃんとか、どうでもいい廃材とか、ビニールとかの寄せ集めで、生活用具作ったりしますよね。すごく、クールだと思ってます。
ものづくりって、そういう所から始まったんじゃないだろうか。

裏の家が解体された時に出て来た棚や、椅子(結構いいもの)も持ち込みました。

お店は、非現実で、ハレの場で、特別な場所…というよりは、日常や些事から幸せを引き出せる様な、スタンスでいたい。

※余談
北米産が多いかと思ってたら、ドイツ産とある…!なんだか、勝手に信頼感を覚える 笑

(慎司)