ほうきについて

アトリエ兼ショップのがたんごとん。

ほうきについて。ご紹介しようかと思います。

吉田慎司は、中津箒 の職人です。

中津箒は、神奈川県で明治から続く、現代表が6代目の、古いほうきです。

最盛期は、ほうきに携わる家が100軒はあったといい、大きな産業でしたが、現在、この地域では一軒のみとなっています。

そのため、かつては農家の方が作ってくれていた原料も全て無農薬の自社栽培。その分、クオリティも信頼感も高い箒を作っています。強度、穂先の密度、しなやかさ、コシ、など、実際に手にとって戴ければ嬉しいです。

糸は、天然染料で、自分で染めています。最近は、北海道にある染料で、土地に根付いた形でやりたいな。と思っています。枝の柄の箒も多く作りますが、道内の材木屋さんから購入しています。

ほうきについての思い入れや具体的なイベントなどは、吉田慎司 のブログにもしばしば載せていますので、ご高覧ください。

とにかく丈夫で、機能的で、魅力的で、皆が日々生きることを喜べる様な箒となる様!念じながら作っています。

よろしくお願い致します。