糸を染める

箒の編み込みに使う糸を染めました。

編み込み部分の糸は、天然染料を使い自ら染め上げたものを使用しています。
べんがら、茜、鉄媒染など。薄ピンクやグレーなどの柔らかい色合いに仕上がります。

今日染めたのは、藍。

藍染によって生まれるブルーは、糸に使われる色の中でも最も濃い色。
中津箒の特徴的な編み込み模様がくっきりと見えることから、人気のお色です。

糸を編み込むことは装飾ではなく、機能的な面が大きいです。しっかりと縛り、長年の使用に耐える丈夫な胴をつくること。しっかりと茎と糸が組まれていくと、仮にどこかほつれてもバラバラになりません。

かつては、ビニールや、派手な色も多かった箒ですが、天然の良さを活かすため、草木染を中心に、染色しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です