書籍紹介-念力ろまん- 笹公人さん

新鋭短歌シリーズからいくつかご紹介したので、現代歌人シリーズからも。

笹公人さんの、「念力ろまん」です。

笹公人さんの「念力家族」は、NHKでドラマ化されたりもしたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

いわゆる、学校で触れるクラシックな短歌とは真逆を行くような作風。(こういうの、学校で習えたら素敵なのになー)

でも、決してコミカルなだけではなく、人間の深いところに刺さってくる歌集だと思います。

「黒板に吸い込まれる」と叫んでらフィラデルフィア事件をググりしばかりに

紫式部の腋の臭いを思いつつ黒板消しをはたいていたり

…フィラデルフィア事件は、戦時中、電磁波を発生させたら、戦艦が突如瞬間移動、たくさんの犠牲者がでた。というオカルト的な話です。ググったら、黒板に吸い込まれる!と、叫ぶ人。紫式部の腋の臭い考えた事のある人なんて、いるだろうか(笑)

オカルトも、紫式部も、現代では事実の様な半分フィクションの様な存在ですね。そういった所を突いて、混乱させてくる感じがします。

東進ハイスクール講師陣のキャラ濃かりけり地獄のディズニーランドのごとく

…東進の講師陣、楽しそうな感じもするけど、実際修羅場ですよね…!でも言い方がユーモラスで、揶揄する様な、現実感のない様な感じを与えます。

宇宙服のなかにまぎれる蚤などを思いて春の寝返りをうつ

…宇宙!ロマン!という思いを一発でちゃぶ台返しするような、蚤…!でも、そんなのもどうでも良いや。みたいな春の昼寝(?)

深刻だったり、深い意味のある言葉も詠み込まれているんですが、どれも一歩引いているというか。おもろ!と、読んでいくと、シュールさの裏で、心の空洞が大きくなっていく様な感じがします。さらに、叙情的だったりするんですよね。

こういうフィクションに片足を入れた世界にリアルな感触があるんじゃないか。というのも、世代的にわからなくなかったりして。

でも、圧倒的なベテランの方なので、一首だけ読むと、本当に綺麗だなぁ…という歌もたくさんあります。

何時まで放課後だろう 春の夜の水田に揺れるジャスコの灯り

網駕籠に野菜盛られて居酒屋は邪馬台国の宴のごとし

しゃらりんと虫取り網で掬いたし古井戸に棲む青き鬼火を

どろどろと木造校舎の背にのぼる黒入道と目が合えば、冬

…ジャスコのローカル感と青春感、たまらんですね…!三、四首目も、フィクションや幻視的なんですが…子どもの頃って、異界と繋がっていた感じがします。

砂漠で見る幻のごとローソンの青き看板灯りていたり

彦根城のプラモデルだけ残されて春の視聴覚室は暮れゆく

青春まで揚げていたのか あの夏の「つぼ八」厨房怒鳴られながら

すごく叙情的だったりファンキーだったり、ちょっと頭の中が忙しい。けれど、キチッと型にはまった世の中より、ちょっと混沌としてる世界の方が、実感が湧いたり…。入り込むと、中々でてこられない歌集です。

書籍紹介ーやさしいぴあのー 嶋田さくらこ さん

私も、お世話になったのでこちらから

嶋田さくらこ さんは、「うたつかい」というZINEも企画・発行されていて、吉田も、何度か投稿したことがあります。(すっかりご無沙汰してしまった・・・また投稿したい)
百数十名の投稿者がおり、みんな、twitterアカウントを持っています。若い歌人の、最新作品がぎゅっと詰まったZINEです。

そんな嶋田さくらこさんの歌集。
うたつかい同様、間口が広くて、すっと心に入ってくるものが多いです

主には…恋の歌!

仲直りしてあげるから買ってきて雪のにおいのアイスクリーム
君とよく行ったドラッグストアにはまだある同じ香りのシャンプー
薄紅に染めた指先潜ませたコートのポケット 早く気づいて
手のひらが大きいねって言ったこと去年の冬のことにしないで
淡雪がやさしい雨になりました 泣くならこんな日がいいでしょう

しかも、すごい量で、殆どが届かぬような叶っているような・・・
映画でいうと、どこを開いても名シーンという感じに、ときめきの連続であります。

バスタブの淵に沈まぬようにしておかえりなさいの練習をする
つぶやきは真夜中の雨 ささやきは暁の雨 春になりたい
日曜のまひるあなたを思うとき洗濯ものもたためなくなる
おとうふの幸せそうなやわらかさ あなたを好きなわたしのような
たんぽぽが綿毛を飛ばすつもりなどなかったようなさよならでした

で、緩急の繋がったストーリーがある、というよりはきらきらしたシーンが連続する。
という感じで、鑑賞しやすいですね。あまり、短歌に親しみのない方にもお勧めです。

多くは、恋のシーンを詠んだ歌で、嶋田さん自身の人物像やプライベートは出てきませんが、実家(地元?)の事を詠んだ章があります。

おう、わしやわしや、と電話かけてくるこの町のおじさんはみんな
みほちゃんの髪はほそくてやわらかい 冷たい水で洗うんだって
いなくなる妹たちのオルゴール鳴らせば子供部屋だったこと
父に似た娘は父に似つかない男に嫁ぎ、もう似ていない
信じたい神がいなくて毎日を何に祈ればよかっただろう
だんごむし生きているのかつらかった時代もあった 丸まっている
願わくばこの毎日がゆるやかに<とある未来>へ続きますよう

ノスタルジー感というか、戻らない昔の時間に思いを馳せる切なさと
重たさ。別に、昔に帰りたいとかじゃないんですけどね。変に作為や奇をてらうではなく、ストレートに詠んだ歌。ずしんと心に残ります。
恋の歌も、直球ストレートど真ん中!という感じです。

渾身の空振りだよね(エマージェンシー!エマージェンシー!)うるさいよ涙腺
長すぎる髪が背中でからまって起きあがれない このままでいい
「旅に出る」なんてセリフを男から聞かされている 女はつらいよ
みぞおちに猫をいっぴきのせたまま眠る夜明けは少しつめたい

これだけ恋の連続でも全然苦しくなったり、叶わなくても、不思議と読後は軽やかですね・・・!こういう、ユーモアの余裕もあるせいでしょうか。

他にもたくさんの歌がありますので、是非是非、直接ご覧ください!

書籍紹介ー瀬戸際レモンー 蒼井 杏 さん

 

新鋭短歌シリーズからも、ご紹介!蒼井杏さんの、「瀬戸際レモン」です。イラスト、かわいいですよね。

タイトルから、先に瀬戸内レモンを思い出してしまうのは私だけでしょうか…クラシックというよりは、カジュアル、クスッとする感じを受けましたが、勿論中身とも、深く繋がっていました。鼻歌を歌っているような、軽快さがあるんですよね。

 

アークトゥルス、スピカ、デネボラ、星の名をポケットに入れて非常階段

 

…ポケットにメモなのか、本なのか。非常階段からなら、空にいけそうな感じがします。

 

パプリカの場所だけマルシェ 洋梨のような女に生まれたかったな

キッチンに丸椅子ひとつ持ち込んでわたしの春の司令塔とする

マヨネーズのふしゅーという溜息を星の口から聞いてしまった

めすばとが歩いて逃げるおすばとがふくらんで追う ねむたいベンチ

…鼻歌、とも言いましたが、妄想がちな感じも好きです。邪念のある妄想じゃなくて、家でぼーっとしてる時にふと出てくる様な肩肘の張らない、でも生々しい。なんか、友達とソファに並んで座って、独り言を聞いているような、変な安心感があります。(伝わるか?笑)

 

空壜が笛になるまでくちびるをすぼめるこれはさびしいときのド

わたくしを全消去する はい/いいえ 夢の中までカーソルまみれ

 

…もちろん、底抜けに明るいばかりではなくて、陰や悲しみのある歌もあります。けれどやっぱり、どこかユーモアを織り込んでいます。空瓶を吹いたり。カーソルまみれ。って、ちょっと楽しそうだなー、なんて。

 

青空を押して回転ドアを出る 見るものすべてに檸檬の付箋を

…など、ポジティブな姿勢はおそらく意識的で、歌う事で世界を明るく捉えようとしてるんじゃないか。なんて、檸檬の付箋から感じました。

陰の中にもある言葉遊びや、リズム感も楽しかったです。

すみませんよわいわたしをはなしがいしているわたし こてん ぱん の きゅう

でもきっとなにもしないのがいいのでしょう くつひもほどくどんどんほどく

ぶなしめじぽろっとほぐれてだれもだれもわたしがわたしでごめんなさいって

内臓をかきまわすようにボールペンのためしがきするわた わた わたし

 

…悲しい事を歌っているのに、ひらがなやリフレイン、楽しいリズムが遊びに誘って来ます。嫌な事があるなら、鼻歌でも歌って散歩したらいいのさ!ぐらいに受取りました。親しい人からの手紙みたいな、すごく距離の近い、口語も特長的に感じます。

 

あ、雨が、そろばんはじく音で振る。ねがいましては―ねがうよ、君の

そうでした。秘すれば花で物干しに音のないシャツきちんとならべて

七時まで白夜なきもちでカーテンの波打際で待っていますね

 

めっちゃきゅんきゅんしますね…!具体的な出来事は、ほとんど隠されているので、その距離感とか、親しさ、気持ちの瀬戸際が鮮明に感じられます。

 

いちまいのきおくのたどりつくところ瀬戸際レモン明るんでゆく

 

記憶、経験の蓄積した気持ちの淵が、自ずと明るんでくる様な…ポジティブになる、歌集です。

是非お手にとって、ご覧くださいー!

-入荷しました!-「港の人」様 +書籍紹介 山田航 第二歌集「水に沈む羊」

当店では、出版社様より直接、歌集などを中心に仕入れさせて貰っています。
先日、「港の人」様より、幾らか入荷戴きました。
詩歌、文学、学術系を中心とした出版社さんですが、装丁が綺麗で有名ですね。
なにか一冊とりあげたいなー と思ったのですが、北海道の書店としては、外せないかな・・・!と、山田航さんの歌集です。

「水に沈む羊」タイトルだけだと、すごくファンタジックな印象も持っていたのですが・・・寧ろ、デジタルな表紙。ででん

羊+デジタルだと、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」とか思い出しましたね。映画「ブレードランナー」の原作にもなった、ややディストピア的なSF小説です。私の妄想かなーとも思いましたが、意外と外れじゃないかも・・・とか思いました。理由は後ほど

山田さんの歌は、陰があり、とても抒情的で、一見デジタル感とは無縁な感じがします。

■抒情

きみはそれを雨に喩へたまばたきのすきまを絶え間なく落ちる声
・・・まばたきの隙間の雨、涙、ということでしょうか。文語表現によるこの厚み。きゅんきゅんします

葡萄色の産科医院へ告げに行くずつとふたりで生きてゆくこと
・・・子どもが出来て、生涯の伴侶になる事。病院に告げる。というのが、子どもに誓う。という感じがして、はっとします。なじみのない、下手したらイミテーションの教会に愛を誓うより、こちらの方が、現代ではリアルなんじゃないでしょうか。葡萄も、キリスト教を連想させますね。

■社会へのまなざし。むしろパンク
ただ抒情で終わることなく、社会への冷静な眼差し、批判的な視点も多くあります。

五百年のちの人類 流星の塵を処理する技術はなやか
また塾ができたねこの街の夜はさながらこどもたちの王国
月の世のビルの上より降り注ぐ恋人たちの中絶費用

・・・無作為に引いてしまったので前後の流れが切れてしまいますが
五百年後の人類は、宇宙のごみ処理にも難なく手を出しているだろう。という事ですが、はなやかなゴミ処理。空しい感じもあります。

二首目、街が塾で溢れて、子どもの王国のようになっている・・・なんだか、夜景でも見る様な言い方が冷ややかです。

三首目、最後にいきなり出てくる、中絶費用。そこまでがすごく綺麗な分、かなり過激な感じがします。月≒妊娠 という連想

このように、むしろ過激な言葉も多い印象も受けました。

また雨だ唾液まみれの言ひ訳ももう届かない場所にきてゐる
・・・唾液まみれの言い訳・・・ボロ雑巾のようである。かなしい

郷愁へ向かふあやふさ草原の蛙声、暴走族の爆音
・・・一見なんだそりゃ、という感じもしますが、田舎といえば暴走族(違うか笑) 綺麗なだけの郷愁より、こういう現代の歪みのなかに、リアルを求めている。

きちきちのリチウム電池すきまなき思想家としてのグーテンベルク
・・・ちょっと難しいかなーとも思ったのですが、グーテンベルクと言えば印刷技術を生み出した人で、現代の科学や量産への道を開くきっかけとも言えます。きちきちのリチウム電池。コミカルな語感ですが、それもあいまって結構いやですよね(笑)
プロダクトや機械に溢れる志向としてのグーテンベルクなのかな、と思います。

舞ひ上がるフリーペーパー 街路樹に街は対称形を崩して
・・・量産されたフリーペーパーの崩壊。整えようとした街路樹も有機的になり、機械化の歪みが露わになる、感じがします。

時に過激な言い方で、現在のリアルな叫びを、批判も交えて形にする。パンクだな~なんて、思いました。

■内面を見つめた歌
純粋に、内面をみつめた歌も多くあります。全体を、陰が覆っています。

監獄と思ひをりしがシェルターであったわが生のひと日ひと日は
・・・檻だと思ってたら、自分で作った壁だったって奴ですよね・・・分かるわぁ(笑)

屋上から臨む夕映え学校は青いばかりの底なしプール
考へろなぜ教室に棺桶のかたちを真似たものが多いか
・・・スクールカースト底辺出身としては、共感しか生まれません

■その他

棄てられた草原、そこに降り注ぐ星のひかりを愛さう、せめて
・・・棄てられた草原。ややファンタジー感もあり、せめて、の喪失感。倒置法の降り注ぐ星のひかり。なんて、やや中二感も出るんですが・・・このフィクションぽい陶酔感が、むしろ、デジタル世代にはリアルだったりして。刺さりました。

昭和製のコイン入れれば震へ出す真夏を回りつくすさざなみ
・・・こんなにも、季節感と、翳りと、躍動感のるコインランドリーが、いまだかつてあっただろうか・・・!?好きです。

 

一発目と思って、引き過ぎました!装丁もとても綺麗なので、これは実物を見るしかないです!
来週から、書肆侃侃房さんのフェアも始めるので、そちらからも紹介していきます!お楽しみに!(むしろ私が楽しみ)

ー入荷しました!ー Jun Sasakiさんの雑貨

先日より、吉田とも展示や企画で多くご一緒戴いている、「Jun Sasaki」さんのアイテムを幾らか置かせて戴いております。

ペンを得意とする絵描きさんで、ギャラリーでの展示、挿絵、メジャーレーベルでのフライヤー作成など、多岐に渡って活躍されています。

動物の絵、冬の絵なども得意としている方で、これからの季節にはどんぴしゃ過ぎるものをお送りいただきました・・・
写真では小さいですが、女の子のピンバッジがとても可愛いです。

ブログから、素敵な作品もたくさん見られるので、是非ご覧ください!
http://junsasaki-art.sblo.jp/