『ぼく(石井僚一)の考える最強の短歌フェア』トークイベントの報告

7月7日、石井僚一さんの批評会に際したフェア(継続中)、それにまつわるトークを開催させて戴きました。以下が、こちらでご用意させて戴いたリストです。(順不同)

●山田航『さよならバグ・チルドレン』(ふらんす堂、2012年)
●田村元『北二十二条西七丁目』(本阿弥書店、2012年)
●樋口智子『つきさっぷ』(本阿弥書店、2008年)
●服部真里子『行け広野へと』(本阿弥書店、2014年)
●伊舎堂仁『トントングラム』(書肆侃侃房、2014年)
●谷川電話『恋人不死身説』(書肆侃侃房、2017年)
●水原紫苑『びあんか・うたうら 決定版』(深夜叢書社、2014年)
●岡崎裕美子『わたくしが樹木であれば』(青磁社、2017年)
●熊谷純『真夏のシアン』(短歌研究社、2018年)
●笹井宏之『ひとさらい』『てんとろり』(書肆侃侃房、2011年)
●道浦母都子『無援の抒情』(ながらみ書房→はる書房、2015年)

戴いたコメントと、トークで補足いただいた内容を併せて順不同で紹介していきます!

■ぼく(石井僚一)の考える最強の短歌フェア

道浦母都子『無援の抒情』(ながらみ書房はる書房、2015年)
ここが最強!!!!!➡ 全共闘!!!!
明日あると信じて来たる屋上に旗となるまで立ちつくすべしぼくは全共闘世代のひとにシンパシーを感じていて、どちらかというとその角度からこの歌集が僕の手元に滑り込んできた!!!「父親のような雨に打たれて」という連作を作るときにこの歌集を読んでいて、連作の作り方はこの歌集から倣ったと言っていい。この歌集がないと僕はここにいなかった!!!!!!!!ありがとう道浦さん!!!!!!

—トークでは、石井さんが全共闘自体に興味があり、短歌とは別ラインで入ってきたと言う話。
闘う、生きる、という事にかっこいいとは思っているそうですが、石井さんご本人は、仲良くやるべき。という意識をむしろ強く持っている方でした。歌会活動家。と名乗るくらいで、とても人間関係を大切にしている印象です。樋口さん、田村さん、山田さんなど、地元の先輩に対しても、強い思いがある方。とにかく、穏やかな語り口やお話のなかにも一貫して、感情を強く持っている方でした。

伊舎堂仁『トントングラム』(書肆侃侃房、2014年)
ここが最強!!!!➡ 真面目!!!!!!!
元彼女にいつでも会えるなぜだろういま筆跡が似てきてるのは説明しているうちのそれがだんだん言い訳みたいになってきて焦ってきて言葉の数が増えてそのことについて話しているうちにどんどん本題から遠ざかって自己弁明のようなものがが増えていく、みたいなことが嫌で事前に状況をしっかりと説明していると結局本題には入らなくて、斜に構えているように見えるけれど全部本気だ!!!!!!!!というような歌集です。

谷川電話『恋人不死身説』(書肆侃侃房、2017年)
ここが最強!!!!➡ キモイ!!!!!!
ああこれもぼくの抜け毛だ またきみの抜け毛が見たい もどっておいでキモい!キモい!これが恋愛だ!!!!!フラれたら未練たらったら!!!!!それでもこれが恋愛だ!!!!恋人と一緒ならおのろけ&おとぼけ!!!喉元過ぎればキモさも忘れて、これが僕たちのピュアな気持ちだと思えてくる!!!!!!!!

ー以上の2人は、女の子への歌も多くて、男の子という所は自身のスタンスとは共通している。との話。
対して、真逆とも言えるスタンスの熊谷さん。

熊谷純『真夏のシアン』(短歌研究社、2018年)
ここが最強!!!➡ 人生!!!!!!!
わが家から最寄りのコンビニにてレジを打ちては帰るもうすぐ七年1974年生まれの作者の2010年~2017年の短歌が収められた第一歌集。引用した歌の通りアルバイトをしながら、恋をしながら、生や死について思いを巡らせる一冊。この一冊が素晴らしいのはコンビニバイトを長年やり遂げる熊谷さんの、何年も変わらない真面目さであって、誠実さであって、こういう人が短歌を通してこうやって現れてくることがひたすら嬉しいです。

—ストイックに、たんたんと日常の中で歌い続けるスタンス。この温度をキープして出てくる厚みは凄い。自分はこうはなれないし、重みがあって、押している歌集。との事です。入力していて、文字数も少ない。定型でかっこいい。重たさ、という面では

水原紫苑『びあんか・うたうら 決定版』(深夜叢書社、2014年)ここが最強!!!!
➡ お買い得!!!!
飲食のひとびと脚を失へり 花があふるる花瓶のやうに美意識、というものを突き詰めていくときに、やっぱり現実社会(あえて「社会」をつけます)というものは美からは遠いわけで、この歌集は美しいとともに暴力的でかつ残酷だ。そんな水原紫苑さんの第一・第二歌集がセットになって2000円+税!お買い得!!!!!!

—も立ち位置は違えど、かっこいい。やるやらないは別にして、作ってみたい。とは思う。との話。

笹井宏之『ひとさらい』『てんとろり』(書肆侃侃房、2011年)ここが最高!!!
➡ 魔法の呪文!!!!!!!!
えーえんとくちから えーえんとくちから 永遠解く力を下さい言葉に人間を(ないしは人間の心を)まもる力があるのだとしたら、僕はなんとなく笹井宏之の歌にその力を見出したいな、と思っている。持ち運べるおまもり。笹井さんのおかげで短歌の世界は間違いなく良くなっているし、短歌をやる人の環境も良くなっているはずで、この二つの歌集から今の盛り上がりがある!!!!魔法の短歌だ!!!!

—は、初めて買った歌集で、忘れられない、入れざるを得ない歌集だった。ねむらない樹の関係もあり、最近も読み直して改めて感じ入っていたそう。

吉田隼人『忘却のための試論』(書肆侃侃房、2015年)ここが最強!!!!
➡ 美意識!!!!!!!
いもうとの手首癒えねば我ひとり猫の死骸を埋めにゆくなり若い歌人のなかでははっきりと異彩を放っていて、なんというか吉田隼人さんの歌はどれも重たくて寂しそうだ。それでいて硬くて美しい。僕なんかが軽率に指を触れることは躊躇われるのだけれども、光をあてるのは躊躇われるのだけれど、それでも最強!の括りにこの歌集を入れないのはおかしいので入れました!!!!!!
—とりあえずかっこいい。俺もなりたかった(笑 との話でした。死に向かっているタイプではあるが、長生きして欲しい。やはり受賞作の連作はべらぼうにいい。震災の体験も含め、厚みもあり良い歌集である。

岡崎裕美子『わたくしが樹木であれば』(青磁社、2017年)ここが最強!!!!➡ ド直球!!!!
子がいたらこのような夜を過ごすのか眠るまで君の髪を撫でたり二十代の頃の第一歌集では<羽根なんか生えてないのに吾を撫で「広げてごらん」とやさしげに言う>と歌っていた岡崎さんの、それから十数年経っての境地がここに!!!!!生みえなかった子どもを夢想しつつ、年下の男を抱く!!!!!!!死とは?愛とは?命とは?生きるとは?ド直球の人生に圧倒される。ぞくぞくする。

—2017年の中では一番刺さった。生や死に触れながらも、性愛。年下の男を抱く。などの赤裸々な連作は刺激的で、父の死なども生々しい歌集。ビビった。

樋口智子『つきさっぷ』(本阿弥書店、2008年)ここが最強!!!!
➡ この北海道感がすごい!!!!雪のにおい つんと染みてる鼻の奥なんだか切ないにおいなんですここが北海道だ!!!!僕は雪がつらくて北海道から脱出したけれども、とどまり続ける人がいる。樋口さんはとどまったひとの一人だ。この歌集には北海道で生活をすることの、その雰囲気が十全に出ている。その向こう側で樋口さんがときおりやさしい表情を浮かべるのだ!!!!!!!(今回、本当に全然流通していない本書を樋口さんにお願いしていれてもらいました!この機会に買わなきゃ損!あと片山若子の表紙が最高)

—あまり流通もしていないのですが、とてもおすすめ。表紙の絵も羨ましい。
石井さんの歌集も、イラストなどを入れる案もあったそうですが、セキネシンイチさんにおまかせしたら、絵をいれるという提案もなく、中のタイトルのフォントや構成などもセキネさんからの提案。お任せで、この刺激的なブックデザインになったそう。

山田航『さよならバグ・チルドレン』(ふらんす堂、2012年)ここが最強!!!!
➡ 短歌はホームランだ!!!!ホームランが打ちたかった。打った瞬間にわかるような手応えを感じたかった。不全感の向こう側で我々は短歌と出会った。出会ってしまった!そんなあとがき(正確には「あとがきにかえて」と副題を添えられた散文)を読んで一通り落涙!そうして短歌を読むと、山田さんが短歌を楽しそうにつくる様子が見えてくる!!!!見える!!!!みんな!短歌をつくろう!!!!!

—それこそ山田さんのブログ、影響で短歌会に入った。欠かせない人。あとがきを長くきちんと書いたのも、山田さん、バグチルドレンの影響である。

田村元『北二十二条西七丁目』(本阿弥書店、2012年)ここが最強!!!
➡ バカヤロー!!!!!!俺は詩人だバカヤローと怒鳴つて社を出でて行くことを夢想す人生は熱い。田村元というナルシシズムの雄が、<花びらを上唇にくつつけて一生剝がれなくたつていい>と学生時代に高らかに歌い上げた男が、社会の中で「俺は詩人だバカヤロー」と怒鳴ることができない。そんな冴えない現実を歌っている!!!!これも短歌で、これも人生だ!!バカヤロー!!!!!俺も怒鳴りたい!!!!!(今回あまり流通していない本書を田村さんに直接お願いしておいてもらいました!ありがとうございます!)

—田村さんも北大の方で、学生を経て働き出し、だんだん会社に疲弊していくリアルに引き込まれる。その中で顔を出す詩人の顔。赤裸々な形に魅力を感じる。

服部真里子『行け広野へと』(本阿弥書店、2014年)ここが最強!!!!
➡ 強い!!!!!!!野ざらしで吹きっさらしの肺である戦って勝つために生まれたできれば勝ちたいが戦うのは面倒だな、と僕なんかは思ってしまうのだけれど、なんというかそのことこそある程度満ち足りていることの証明で、服部さんは野ざらし&吹きっさらし!!!!しかも肺!!!!最初っから背水の陣みたいな人のつかう言葉はやっぱりなんか違くて、やっぱり強い!!!!!!!!!!!!!!それでいて芯が通っているから美しい!!!!!!!!!!

—まずかっこいい。買って下さい。独特の文体で、美しさを追求している。意味がとれなくてもかっこいいレトリック。

こちらからの質問で、歌集は作歌の参考にしますか?という事に関して

—かなり参考にしている。最初は、読み解くために作っていたくらいだった。よく真似もしているが、周りには伝わっていない(笑)真似しても真似にはなかなかならないので、歌集を読んで真似をする事は良いと思う。歴史や伝統は尊重したいし、精神としては在野である。半分歌人、のような感覚もある。短歌は、生きる方に向かって欲しい。吉田隼人さんも墓碑のような歌集でもあるが、みんな、死なないで欲しい。選んだ歌集も、生きている人、読まれたがっているはずの人の本を選んだ。との話もありました。
百年後に伝わる短歌じゃなくて、いまの人に伝えたい。そういう在り方を志向している。生きているからこそ良い歌を作りたい。死にたい。とか、はあまり言わないようにしましょう。辛いことを書くより、楽しい、良いことを書く短歌の方が良いと思っています。などなど、歌集制作過程の話も含め、フランクに色々と聞ける会でした。

翌日、書肆吉成さんでの朗読も、とても情熱的でした。今後とも、歌人、歌会活動家、石井僚一新人賞など、枠を超えた活躍、注目していきたいと思います!

第3回「がたんごとん歌会」

◆第3回「がたんごとん歌会」のお知らせ◆

・2018年8月19日(日) 13時〜16時(予定)
・テーマ詠「ごはん」or 自由詠 二首まで
・参加費500円(飲物、お菓子付き。持ち込み自由)
・詠草投稿フォーム https://goo.gl/forms/9r5XE2rP8rL6MdtY2
         〆切:8月14日中
※上手く動作しない場合、メールや、DMなどでも大丈夫です。

出入り自由。見学、(または詠草なしでの参加)、初心者大歓迎です!
歌会とは・・・皆で、テーマに沿った短歌を持ち寄り、わいわい好きなところや気になった所などを鑑賞しあう会です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマは、前回最多票だった月原真幸さんから戴きました!

日のあたるほうのシートに腰かけて光合成をする南北線

毎度、初めての方もおいでいただいて嬉しいです。
他のお店ついでに覗く方もしばしばいらっしゃるので、お気軽においでください!
みなさまのご来場、お待ちしております〜

【新しい内装に関するメモ】

インスタレーション、というほどではないですが、少し、古道具や好きなものを飾るようにしました。アメリカで作られたホワイトキューブに倣う必要もないし、ナチュラル、暮らし系と呼ばれる文脈に頼るのも、根を張れる気がしなかったので。

物をそのまま表現にする、というのはデュシャンのレディメイド以降の方法で、近代の価値観の終わりであるとか、物の奥にあるコンセプトや意味に重きを置く意味があると思います。

単純に、エキセントリックな装丁や内容の詩歌が多いというのもあるのですが…工芸も詩歌も、表面の奥にある意味や背景、在り方を伝えられるようなお店にしたいです。

小津夜景さん『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』

『フラワーズ・カンフー』などでも話題の、小津夜景さんの、漢詩の翻訳+エッセイの本・・・
と、言ってみたものの、おそらく、多くの方が先入観として持つ漢詩やエッセイのイメージを清々しく、刷新してくれる本です。

私自身がそうでしたが、漢詩というと、やや硬くて、重たそうなイメージ。エッセイには、ライトに日常を心地よく綴るというイメージがありました。
敷居が低いと聞いて入門書のようなイメージを持つ方がいたら、それは全くの思い過ごしで、本当に心から魅力的な詩集として、漢詩の数々が立ち表れてきます。そして、小津さんの語りを通して、気づけば文学の深く大切な所に触れてしまう、飛躍力のある本だと思います。

小津さんの俳句の力を知る方には説明不要ですが、小津さんの紹介する漢詩はとても軽やかで、生きる事へのまなざしに溢れています。それらが、フランスでの生活や日々の思考のエッセイと境なく融合していて、今の僕たちでも、手に触れるように実感できる驚異的な表現力に満ちているように思いました。エッセイにも多くの詩歌が引かれていますが、それらが小津さんの圧倒的な知識、思索、感性でひとつなぎになって、全体として詩形を越えた一つの詩を読んでいるような気になります。とても、漢詩+エッセイという言葉だけでは収まり切らない作品です。

タイトルにもなっている、冒頭の一節より

1, カモメの日の読書

かぼそい草が
かすかな風にそよぐ岸
帆柱をふるわせる夜船に
わたしはひとりだった

満点の星は
地をすれすれまでおおい
ひろびろと野が見晴らせる

黄金の月は
波にくだけつつきらめき
ゆったりと河が流れていく

世に出るのに
文才などなんの役に立つだろう
官職にしがみつこうにも
いまや齢をとりすぎてしまった

あてもなくさすらうわたしはまるで
天地のあわいをただよう一羽のカモメだ

(杜甫「旅の夜、想いを書く」)

なんとなくフランスにやってきて、国内をあちこち移動しているうちにどんどん貧乏になって、それでも日本から持ってきた本やCDを売り払って食いつなげるうちは良かったけれど、そのうち売るものもなくなり、ああこの先どうやって生きてゆこうと夫婦で困っていた。するとそこへ、
「うちだ雇ってあげるから来なさい」
と声をかけてくれたひとがいた。」

・・・などと、ふいに引き寄せてくれた人、その人も流れ者で、いくつかの国での博士号までもっている不思議な人に出会い・・・と、漢詩や俳句に思いを馳せながら、世界を掘り下げていきます。本当に自然に、詩歌を身体の中に携えて生きている方なのだと思います。読んでいくと過去の先人、国内外の文豪、語感、対句、集句、中国の世界観、狂歌や遊び、戦争と言葉、ついには初めてのストリートファイト(!)の話まで、色々な知識も入ってきます。付録のノワール論なども、とても面白いです。

詩歌に携わる方にも、そうでない方にも、一度は触れてほしい一冊!

「ぼく(石井僚一)の考える最強の短歌フェア」

『死ぬほど好きだから死なねーよ』刊行記念! 「ぼく(石井僚一)の考える最強の短歌フェア」

開催しています。

◆トークイベント

・7/7日10時半~ 石井さんご本人によるトークイベント開催します!

批評会の前に、ふらっとお立ち寄りくださいませ。

札幌は様々な短歌のイベント盛りだくさんの二日間です!

第2回がたんごとん歌会

みなさん、本日の歌会のご参加、ありがとうございました!

「鉄道」というテーマで、叙情的なものが多かったです。

最多票は、月原真幸さん @mayukiuta でした!

日のあたるほうのシートに腰かけて光合成をする南北線

特に、地下から地上にでる、札幌の南北線の描写で、多くの共感を得ていました。地元の歌会ならでは、という感じがします。

次回は、8月の予定!
今日も、初めての方、見学の方もいらっしゃって、嬉しかったです。初心者歓迎!
皆様のご参加、お待ちしております。(よ)

書籍紹介ー小佐野彈さん「メタリック」

話題の一冊。装丁、鈴木成一デザイン室。まず目を引く表紙とテクスチャです。

帯には「オープンリーゲイとして生きる自分の等身大の言葉を、短歌という「31文字の文学」で表現する」
とあります。

家々を追われ抱きあふ赤鬼と青鬼だつたわれらふたりは
ほんたうの差別について語らへば徐々に湿つてゆく白いシャツ
ぬばたまのソファに触れ合うお互いの決して細くはない骨と骨
赤鬼になりたい それもこの国の硝子を全部壊せるやうな
どれほどの量の酸素に包まれて眠るふたりか 無垢な日本で

第60回短歌研究新人賞でも話題になった、連作です。
赤鬼、青鬼。思い出すのは、絵本の「泣いた赤鬼」でした。
人間と仲良くなりたかった赤鬼は、色々人間をもてなそうとしますが、上手く行かない。
ついには、青鬼が(赤鬼に黙って)犠牲になり人間と赤鬼を繋いで、さらに赤鬼に迷惑がかかるから。と、遠くに旅立ってしまっていた。という話。

二首目。
本当の差別。とはなんだろう。と、多くの人が思うかと思います。
単純な強さ、切り口、質の問題、など色々想像したけれど、なかなかたどり着けない構造にある様に思います。しかし実体は、真理のように語れるものではなくて、シャツの湿りのような、体感的なところにあるのだと思います。

五首目
表題にもなっている無垢な日本。ふたりにとってはとても呼吸のし辛い世界という意味かと思います。

広告などではセンセーショナルに語られがちなのですが、全体は穏やか。自己抑制的、でも、暗くはない印象です。
独裁者になって人を罰してやろう。じゃなくて、物語にいるような鬼になって、硝子を壊してやろう。という抑制。
無垢な日本、というのは、なにもないという事で批判的にもとれるし、辞書的には肯定的な意味にもとれます。

YouTubeひらけば画面いつぱいに廃墟。そろりと起きてシャワーへ
こんなにも明るい夜に会ふなんて今日のふたりはどこかをかしい
亜麻色の髪つんつんと逆立ててぬるい夜風に君が刃向かう
お茶割りで夢を語らふくちびるに蛍火ほどの微熱はうまれ

タイトルにもなっている「メタリック」は大好きな連作でした!長めながら、恋人に会う一日の流れが緻密に描写されています。
都市の硬質感、寂しさを重低音にしながら、全体的には、つられてウキウキドキドキする展開・・・段々気持ちが高まっていく、ドライブ感が楽しかったです。
(新宿デート、したくなりますね・・・(笑)

抑圧の名残り まあるくやはらかで少しぴりりとするバインミー
鬼の棲む島といふ島焼き払ひやつと安心ですか 祖国は
つながりは夜に危ふく保たれてユダはイエスのかたへに眠る

などは分かりやすいですが、身の回りの問題を越えて人類や国家、広い視点への問題意識や愛情が基盤にあるようにも思います。世界の不条理や歪み、その悩みを示唆するような歌はたくさんあるのですが、やたらに噛みついたり、投げやりになるような歌はほぼ無いように感じます。本当に強い、花のようなお方・・・

ほぼ同じ青の短パン脱がしあひながらおやすみ、ドロシーと言ふ
軋むほど強く抱かれてなほ恋ふる熱こそ君の熱なれ ダリア
弓張のひかりのなかを黒髪はたゆたひながら結はれゆきたり

ストライクに、美しい・・・という歌も多くて、好きでした。
など殆んど、小佐野さんの視点や、歌の美しさについて書こうと思ったのですが、頭のもう片方ではマイノリティの抱える問題や、現状、自身の意識について向かい合わざるを得ませんでした。歌人個人の体験を通して、世界の深いところ、広いところにまで導いてくれる、短歌の強さも再確認した次第です。とはいえ、決して硬くはないので、たくさんの方が読んでくれたらなぁ・・・と思います。(よ)

書籍紹介ー「俳句という他界」関悦史さん(邑書林)

関悦史さんの評論集です。

三橋鷹女、田中裕明、安井浩司、池田澄子、さんら、作家論も刺激的なのですが、何と言っても表題の俳句の他界と関連する、「俳句の懐かしさ」「断章」がエキサイティングかと思います。

フランス現代哲学、シュールレアリスムを始めとした美学、民俗学的知識など、広い知見と思索の到達点として、関さんの俳句がある事が分かります。

「俳句は自己・自分語りをそのまま持ち込むことに適していない。(中略)メタレベルの自己を包摂しつつ、しかし個体性からも遊離しないという二重性の中で生成し続けるものなのだ」

「言語は、虚に居て実をおこなふべし。実に居て虚にあそぶ事はかたし」『本朝文選』

「「俳諧」にはもともと「滑稽」の意味があるが、この二重性はユーモアと同じ構造を持っている。(中略)自己を最低限、他者性へと開くのが「季語・季題を入れること」という約束事なのである。」

季語・季題を入れるという事は、他者・他界への道を開く事である。という話です。それは連歌の歴史もある訳ですが、その自・他を繋げる所に、踏み込んでその「聖性」についても触れています。

「聖性とは、この世だけて完結した価値観や、個人の実利的合目的性を超えたものがこの世に介入したときに生まれるものである。」

ただの物理的な現実にも、個人的な主観捉われない新しい次元を開いてくれるのか季語、という事かと思います。

「俳句は飛躍と断裂の驚異によって自己や因果律を離れ、その上で他界的なものを含みつつ再統合を果たすものなのだ。俳句はジャンルの出発当初から必然的に「前衛」であり、それゆえに懐かしみを表出するものだったのだといってもよい」

とにかく、この宣言と、深い俳句愛にしびれました…!

たくさん引用してしまいましたが、実は、ここまででまだ開始15ページ。

本当にエキサイティングな評論集です。

(難しいかな?と思われがちですが、短い章が多いので、割とさくさく読めました。)

評論の感想、というのも難しいのですが、色んな方に見てもらいたい!と思い、投稿してみました。

是非是非、お手にとってご覧くださいませ!

(吉田)