書籍紹介ー多様さと悦び『架空線』

架空線、とは、電柱などの間に渡してある線の事。ただ、内容から考えて、空中に架ける。ではなくフィクションの意味の架空でもある事が推測出来る。〜線という言葉には、相対性理論において世界線(四次元空間でのある質点の移動の軌跡・アニメなどではパラレルワールドの時間の事などつ使われたりもしている)、放射線、宇宙線など、色々とあって、なかなか像を結ばせない、手強いタイトルだと思う。

実際歌集を読んで見ても、歌の魅力に引き込まれつつも、何とも像を結ばせない絶妙なバランスを保ちながら連作が展開されていく。

「川と橋」では

「二月一日。新三崎防災船着場から舟に乗り込み、日本橋川を下る。」

という具体的な詞書から

同じ冬に乗り合はせつつわたしたちてんで勝手に川をみたがる

などの浮き足立った光景を描きつつ、

「みな出て橋をいただく霜路哉 芭蕉」

という詞書に、

笠の人びつしり載せて揺れゐたり江戸時代とふ長い長い橋

など、空想から、歴史を俯瞰している歌などが川下りの描写から展開される。

「二〇一一年、聖橋のライトアップが中止されたときは心細かつた。灯れば良いというふものではないが、」

夜の淵にへばりつくとき脚のある亡霊だつた橋もわたしも

など、実景と、歴史と、個人史が並列して川下りの思考を追体験させるような、トリッキーな構造であるように思う。

「脱ぐと皮ー爬虫類カフェ訪問前後」

より

心かつ踵かつかつハイヒール履けばこの世はいよいよ硬し

この床は亀がゆくから滑り止め施してある ゆきなさい亀

など、のユーモラスさも魅力。

アルファベット順の単語(astronomy,element,fairyなど)を詞書につくられた連作「コレクション」。

「南極点へ」という、具体的な座標と共に南極点を目指す連作(恐らく体験談ではないと思うのだけれど)

「声ー『予告された殺人の記録』より」

は、(おそらく架空の)殺人事件の周囲の人々の証言をまとめた連作。

など、仕掛けの多様性にも、かなり目を見張るものがあってページをめくるごとに、今度はどう来るのか…?という愉しみがある。

「朗らか」など、何気ない日常を明るく描写した作品もある。作品の構造にはかなりのバリエーションがあるけれど、何故か欲を感じないように思う。

ユーモラスさを折り込めばどこかにドヤ顔が見えたり、トリッキーなものであればかっこつけた顔が見えたり、美しい作風にだって多くは自己愛が見えたりするものだけれど、全然そういういやらしさを感じる事がない。

文語、細やかな描写、複雑な手口、ユーモア。色々な球を投げてきて、作品のアウトラインを固定させない所があって、どこを向いているんだろう。とも思う。結局、読んでめちゃくちゃに翻弄されて、正に架空線のように空中に投げ出された時、手元に残ったのは歌の純粋さ、だと思った。様々な文脈を解体して、様々な方法の中で見つけ出せる共通点は、とにかく短歌の可能性を飽くことなく掘り続けていること。(おそらく)それ自体を、可能性に満ちた短歌がある事をすごく楽しんでいること。その探検を、読者に共有してくれている。という感想を持ちました。

活版、展示会、朗読、アウトプットも様々に展開する歌人ならでは、多様さ故に、見える圧倒的な一貫性も感じる作品だと思います。貴重な展示会も併せて、是非是非ご覧戴きたいです。(よ)

【書籍紹介】ささやかな光-木下こう さん『体温と雨』

一度絶版したものの、愛を持って、私家版として再販された、木下こうさんの歌集です。

月光は踏むとしずかな音をたてひかりはじめるふしぎなひかり

てのひらに掬へば零れゆくばかり水もま水のやうなる日々も

手と手には体温と雨 往来にさみしくひかるいくつかの傘

ささやかで、清らかな光、水などのモチーフと、しっとりとした質感が、文語やひらがなの柔らかさと呼応します。

小さな音、小さな光、わずかな変化を、慈しみを持って拾いあげる。薄暗い中で、一筋の希望を見つけ出すような感動があります。

春泥をあなたが踏むとあなたから遠くの水があふれだします

ママ、ママとまちがへながら吾に来し子は春に降る雨の目をして

ひるひなか、からつぽなだけのわたくしにくいひるやうに白梅咲けり

いやだいやだ錠をかけても夜がくる 月が笑へりそのわらひやう

幻視や、空想に見える描写もあるけれど、肌に触れるような生々しさもあって、何かに例えるという論理より、まず先に描かれた情景の柔らかさや、神秘性に心を動かされます。

たくさんのがらくたたちがひかりだしそのはしつこが夜明けのやうで

不安や悲しみを感じるような情景も、何かを否定する。というよりは、森羅万象の日陰の部分に触れただけ、というような大きなスケールを感じました。

雑多ながらくたにも、光を見出す、静かで、愛情に溢れた一冊。(よ)

語るまでもなく素敵な句集-八上桐子さん『hibi』

ひんやりとはじまるものを春と呼ぶ

鳥は目を瞑って空を閉じました

無言でもいい人といる埋立地

『hibi』は本当に、どのページを開いても、ため息がでてしまうような川柳に満ちていて…ただ、読んでください。という事に尽きるのですが、それでは紹介の記事にならないので、無粋ながら感想を述べていきたいと思います。

hibi と言うと、日々、や、割れのヒビ、などがありますが、単語のセレクト自体は極めて日常的です。文学的な単語よりは、口語、普段の言葉で語られている様に思います。

握りたくなる新品の鉄パイプ

さみしいのかわりにセロファンとつぶやく

でたらめな呪文でひらく十二月

575に言葉をはめられていると、どうしても、多くの意味を含んでしまったり、重みのある気配をまとったり、知っている句のイメージと繋がってしまう事が多いのだけれど、八上さんの句はどこをとっても軽やかで、疲れさせない。意味や背景ではなく言葉そのもの、描かれた情景そのものに魅力が集約されている気がします。

鉄パイプは鉄パイプ以上でも以下でもないと思うし、呟いた言葉も、何かの例えでも、仕掛けでもなくて、言葉が言葉として放たれたように感じます。文学のチャンネルを通さずとも、その言葉の意味や美しさがそのまま心に、入ってきてくれて、普段の言葉と浸透圧が全く変わらないのでは。生理食塩水よりも、身体に親しい水を注がれている気になります。

こうすれば銀の楽器になる蛇口

おひとりさまですかと闇に通される

そこで結ばれる像はいつも明るくて、風通しがよくて、それでも、深い奥行きがある。すごく何気なく紡がれたようでいて、ここまで徹底して透明な言葉というのは、本当に1つ1つ慎重にノイズや避けたいものを取り除きながら、踏みしめながら、積み重ねられた言葉なのだと思います。

ただ痛いだけの痛みでしょう 波は

えんぴつを離す 舟がきましたね

呼べばしばらく水に浮かんでいる名前

定型がある、という事は定型は座りがよくて、字余りや字足らずは少し不安な印象や、型破りな印象を与えたりすると思うのですが、この句集ではそれすらもすごく穏やかで、余白にも豊かで密度のある時間が流れている事に驚きます。えんぴつを離す の後の空白に、舟がたどり着くまでの少しの沈黙と、舟のゆったりとした速度や湿度まで伝わってくるようです。

ヒヤシンスじゃあどうすればよかったの

おとうとはとうとう夜の大きさに

濡れている石に痛みのあるように

争いのような一コマ、不思議なように見える描写もあるけれど、やはり同じ温度の静けさと、繊細さと、同質の時間が流れて、密度で満たされている。発見、視点、意志など、作為的な世界を越えた大きな世界の中に漂うような。いつまでも、読んでいたくなるような一冊です。(よ)

書籍紹介ー中澤系さん『中澤系歌集 uta0001.txt』

 

副腎白質ジストロフィー(ALD)によって夭折した、中澤系さんの歌集です。

もし短歌に対して、おじいちゃんが趣味でやるもの、みたいなイメージをもっている人がいたら、そのイメージをアップデートする為に最適な一冊。スタイリッシュで硬質。冷たい刃物のような現実を突きつける現代短歌。すごくかっこいいです。

3番線快速電車が通過します理解できない人は下がって
糖衣がけだった飲み込むべきだった口に含んでいたばっかりに
こんなにも人が好きだよ くらがりに針のようなる光は射して
いや死だよぼくたちの手に渡されたものはたしかに癒しではなく                                   ぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわれてしまったぼくたちはこわ                                                                                                           システムに絡み取られた現代に生きる中での緊張感、格闘、一握りの希望を叫んだ作品。

書籍紹介ー𠮷田恭大さん「光と私語

加藤治郎さんのconfusionのレイアウトでも話題になった、山本浩貴+hさんの装釘・レイアウトです。いぬのせなか座叢書からです。

短歌作品そのものでも話題ですが、レイアウト、デザイン表現の可能性にも一歩踏み込んだ作品。どんなテキストでも、デザインやレイアウトが読み手に与える影響はゼロには出来ない。また、短歌はかつては筆でグラフィカルにも扱われていた歴史もあるので、考えさせれる所が多くあります。

500部限定の特典ペーパーの連作(!)を重ねて読むと新たな作品が生まれるという試みも。

外国はここよりずっと遠いから友達の置いていく自転車

脚の長い鳥はだいたい鷺だから、これからもそうして暮らすから

「だいたい」とか、「ずっと遠い」とか、すごく脱力してしまうような大まかな言い回しや「忘れてもいい」のような投げっぱなしたような気持ち。それらが空けてしまった隙間に、ぎっしりと叙情や感傷が詰まっていて、果てしない味わいがあります。

余白の多い短歌だからこそ、隙間を、レイアウトの表現が拡張してくれています。