ほうきについて

以下、株式会社まちづくり山上(中津箒)のHPより

ーーー

弊社、株式会社まちづくり山上(やまじょう)の箒は、明治時代より作られていたものを発展させました。
原料であるホウキモロコシを全て一貫した無農薬の自社生産をし、
製造を職人の手作りで行っている事で、柔らかくコシがあり、
耐久性のある箒を生産しております。
穂先を殆ど切らず、丁寧に揃えて柔らかく編込む為、畳だけでなくフローリングなどの掃く対象を傷つけず、細部まで届き、折れにくく大変長持ちする箒をお届けする事が出来ます。

ーーー

・精度の高い箒
海外の箒も、素材的には同じもの(品種など、細かく言えば違うはず)だけれど、日本の箒は穂先が繊細で密度が高い。理由は、日本人は畳を敷いていてその上を裸足で歩くからだと思われます。特に安い海外製の箒は暑い地域で育てられ、太く育っていて、硬く折れやすい穂先になっています。反対に、良質な国産の箒は畳を傷つけず、細やかに掃除をするために柔らかく密度が高く、しなやかな穂先に仕上げます。

・吉田慎司の箒
中津箒再興のきっかけになったのは、かつての京都支店にいた、柳川芳弘の箒です。柳川芳弘(以下・芳弘さん)は、若い頃に箒産業の衰退と共に転職しましたが腕がよく、創作的で、その後30年以上、残った材料を大切に使い技術を高め、開発を続けていました。特に、京都という風土の影響もあってか、かつての荒物というよりは、鑑賞品にも劣らない工芸的な価値の高い箒を作り上げます。そもそも質の高い箒を更に精度を高め、小型化、多く応用できる技術を開発、会得する事に至ります。

一方、吉田慎司は柳川芳弘に手ほどきを受けながらも、学生の頃から民俗学や土地の風土に根付いた道具、民衆的な工芸にも影響を受けています。
工芸的で、美しく、人々の心に届く佇まいを持ちながらも、かつての暮らしにあった、堅牢で素朴な道具としての強さ、両面を携えた箒を目指して、日々工夫を重ねています。

・箒の美しさ
美術、工芸というと、日本では鑑賞されるもの。道具とは一線を画した、使われないものという印象を持つ方も多いようですが、明治以前の日本では、茶室などにあるように、使われるものと工芸・美術は一連のものでした。払う、清める、整える、ものや暮らしを慈しみ、愛するための道具。造形的な魅力を超えて、営みや物や自然への視線。世界や人の在り方を含めて提案し、考え方

を促すための、広い意味での美しさを備えた道具と言えます。

・こだわり

本来の箒が持っていた穂先の柔らかさ、軽さ。草を十種類以上に、選別し、適材適所、1つとして同じもののない草の状態を組み合わせて、1つの箒に仕上げていきます。

芳弘さんを始め、どれだけ腕や品質がよくとも、時代と共に廃れてしまう文化もあります。その美しさ、本来の魅力が届くよう、色、サイズ、構造を、かつての機能性を保ったまま改良し、現代の生活へ接続します。糸は、全て自らの手による天然染料染めです。