ほうきについて

以下、株式会社まちづくり山上(中津箒)のHPより

ーーー

弊社、株式会社まちづくり山上(やまじょう)の箒は、明治時代より作られていたものを発展させました。
原料であるホウキモロコシを全て一貫した無農薬の自社生産をし、
製造を職人の手作りで行っている事で、柔らかくコシがあり、
耐久性のある箒を生産しております。
穂先を殆ど切らず、丁寧に揃えて柔らかく編込む為、畳だけでなくフローリングなどの掃く対象を傷つけず、細部まで届き、折れにくく大変長持ちする箒をお届けする事が出来ます。

ーーー

・精度の高い箒
海外の箒も、素材的には同じもの(品種など、細かく言えば違うはず)だけれど、日本の箒は穂先が繊細で密度が高い。理由は、日本人は畳を敷いていてその上を裸足で歩くからだと思われます。特に安い海外製の箒は暑い地域で育てられ、太く育っていて、硬く折れやすい穂先になっています。反対に、良質な国産の箒は畳を傷つけず、細やかに掃除をするために柔らかく密度が高く、しなやかな穂先に仕上げます。

・吉田慎司の箒
中津箒再興のきっかけになったのは、かつての京都支店にいた、柳川芳弘の箒です。柳川芳弘(以下・芳弘さん)は、若い頃に箒産業の衰退と共に転職しましたが腕がよく、創作的で、その後30年以上、残った材料を大切に使い技術を高め、開発を続けていました。特に、京都という風土の影響もあってか、かつての荒物というよりは、鑑賞品にも劣らない工芸的な価値の高い箒を作り上げます。そもそも質の高い箒を更に精度を高め、小型化、多く応用できる技術を開発、会得する事に至ります。

一方、吉田慎司は柳川芳弘に手ほどきを受けながらも、学生の頃から民俗学や土地の風土に根付いた道具、民衆的な工芸にも影響を受けています。
工芸的で、美しく、人々の心に届く佇まいを持ちながらも、かつての暮らしにあった、堅牢で素朴な道具としての強さ、両面を携えた箒を目指して、日々工夫を重ねています。

・箒の美しさ
美術、工芸というと、日本では鑑賞されるもの。道具とは一線を画した、使われないものという印象を持つ方も多いようですが、明治以前の日本では、茶室などにあるように、使われるものと工芸・美術は一連のものでした。払う、清める、整える、ものや暮らしを慈しみ、愛するための道具。造形的な魅力を超えて、営みや物や自然への視線。世界や人の在り方を含めて提案し、考え方

を促すための、広い意味での美しさを備えた道具と言えます。

・こだわり

本来の箒が持っていた穂先の柔らかさ、軽さ。草を十種類以上に、選別し、適材適所、1つとして同じもののない草の状態を組み合わせて、1つの箒に仕上げていきます。

芳弘さんを始め、どれだけ腕や品質がよくとも、時代と共に廃れてしまう文化もあります。その美しさ、本来の魅力が届くよう、色、サイズ、構造を、かつての機能性を保ったまま改良し、現代の生活へ接続します。糸は、全て自らの手による天然染料染めです。

どこまでもまっすぐなー樋口智子さん『幾つかは星』

札幌の、樋口智子さんの第二歌集。

子ども達と過ごした、10年ほどの時間が詰め込まれています。

口語で、率直で、真っ直ぐな歌。

非現実的な例えや衒いもなく、説明不要に、ただ読んで欲しい。そんな歌集だと思います。

たくさんのレンズ降る降る雨の目は私の顔を映しては散る

少しだけ声低くなりわたしたち二度と戻れぬ旅なのだろう

全身を響かせて泣く腕の中いまだ楽器であるかのように

こどもらの声が溶け合う公園の空はいつでも空色をして

真っすぐな言葉、というのは、すごく難しいと思う。言葉を紡いだ時点で、必ず雰囲気や姿勢をまとってしまうし、重たさ、軽さ、スタイルを打ち出したいのが、人の心情じゃないかと思う。

そのままである様でいて、そういう意味ではすごく自制的にも見える。子どもの成長と共に、大切なことを強く、強く噛みしめているように思う。そんな事がじわじわと感じられてくると、なんでもない事が、すごく美しくみえる。暗い日があったとしても、透明感のある歌達です。

眠るまでとんとんしてやる手のひらに冬の太陽あつめあつめて

泣かないで耳の奥まで追わないで腕をおろしてしまいそうだよ

パンくずを残してわれのヘンゼルとグレーテル もう、帰っておいで

跳びはねて水面をたたく子の手から散るきらきらの幾つかは星

追いかけて声はどうにか届けども光の速さに呼びかけるよう

人に大切に向き合うと、1人では届かない、少し違う世界に届いてしまう事がある。子ども達が、人の世界を越えた神秘的な世界に行ってしまうこともあるし、そこに気持ちを注ぐ自らも、その領域に触れてしまう事もある。それは例えでもフィクションでもなくて、歌にされた時、本当の事なのだと思う。

シミー書房さんのイラストもかわいい。

シンプルで、大切にしたい1冊。

次回歌会のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌会では、作った短歌を持ち寄り、鑑賞し合ったり、面白さを語り合います。
新たな歌の面白さや、新鮮な読み方など、より短歌を楽しみ、上達させる機会になればと思います。
初心者、見学も大歓迎です!

 

申し込みはこちら、またはメールなどでお問い合わせください。
https://forms.gle/kWsupGu9nCc7atHd6 https://forms.gle/Gs5oUNhz5FCit6AC9

―――――――――――――
日程:2020/3/22(日)
時間 14:00〜17:00(予定)
参加費500円(簡単なお菓子・飲物つき)
テーマ題:「空港」テーマに沿っていれば詠み込まなくても可。
または自由詠。
―――――――――――――
歌会の楽しさを知ってもらう機会になれば、嬉しいです。
人数によって、懇親会もある予定です。

皆様のご参加、お待ちしております~!!